メルマガ登録・解除
あはは星人がゆく♪
powered by 携帯メルマガ メルモ

【二次募集受付中!!】心援隊☆冬休み 疎開・保養プロジェクト

【二次募集受付中!!】心援隊☆冬休み 疎開・保養プロジェクト
http://ameblo.jp/shinentai/entry-11718554707.html



2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から2年半以上が過ぎた現在も、東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、わが子の健康や未来を不安に憂う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、安全な地への避難・移住への第一歩としてもらうため、この冬休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

宿泊ホテルのそばには、緑豊かな大きな公園があり、太陽の下、土や緑に触れても安心して遊ばせてあげられます。
子どもたちの喜ぶイベント、先輩移住ファミリーとの交流など、色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子どもを守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2013年12月22日(日)~12月29日(日) 7泊8日


2) 基本滞在場所
クリスタルホテル南千里
http://www.crystalhotel.jp/


3) 募集定員  5家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族全日参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方
※西日本などへの移住を検討されている方を優先いたします。


5) 参加費について  
①交通費は自己負担でお願いします。

②プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在期間中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

③期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・竹とんぼ大会・遠足
・たこ焼きパーティー・温泉
・在阪避難者さんとの交流会
・避難相談、移住相談(随時)
(予定中のイベントの中には、開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員にお電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
①参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
②住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
③参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
④避難・移住についての考えなど(移住を希望する期間や地域など)
⑤相部屋が可能かどうか
⑥その他特記事項(アレルギー・既往歴・障がい等・その他)
以上を下記の連絡先にご連絡ください。
(件名に「冬休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   12月10日(火)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません。


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆冬休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:クリスタルホテル南千里
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・Luft・スタジオWith・チームまっぺあ

☆応募を考えておられる方へ
決定後のキャンセルは、ほかの参加者へのご迷惑になるだけでなく、
今後の開催にも支障を来す場合もありますので、
やむをえない場合以外のキャンセルはないようにお願いします。
不安材料がある場合は、事前にしっかりご相談ください。

また、応募後・決定後にはお電話での連絡をさせていただきます。
どうしても連絡がつかない場合はキャンセルとなりますのでご了承ください。
たくさんの方の善意で成り立っているプロジェクトです。
応募される方のご協力もよろしくお願いいたします。

  


2013年12月07日 Posted by あはは星人 at 07:30Comments(0)★避難・疎開・保養情報

11月30日・12月1日の西郷村・郡山相談会



11月30日・12月1日の西郷村・郡山相談会
冬相談会の参加ブースがだいたい揃ってきました。まだ増えることもあるかもしれませんが、このあたりで一覧を公開します。
http://bit.ly/185yyZ4


【日時・場所】

11月30日(土) 福島県西白河郡西郷村
13:00−17:00
会場:西郷村商工会館
福島県西白河郡西郷村大字熊倉字折口原69−3
主催:311受入全国協議会(愛称:うけいれ全国)
後援:西郷村
西郷村議会放射能対策特別委員会
西郷村教育委員会
西郷村社会福祉協議会

12月1日(日) 福島県郡山市
10:00−15:00
会場:郡山教組会館 2F会議室
福島県郡山市桑野2丁目33-9
主催:311受入全国協議会(愛称:うけいれ全国)
協力:3a!郡山 と お母さんたち有志

【ブース参加団体・相談員】

札幌むすびば(北海道)
浄土真宗本願寺派北海道教区教務所(北海道)
大沼・駒ヶ岳ふるさとづくりセンター(北海道)=30日のみ
毎週末山形(山形)
フクシマの子どもの未来を守る家(山形)
森の遊学舎(南会津)
福島こども保養プロジェクト@練馬(東京)=1日のみ
いのち・むすびば(山梨)
まつもと子ども留学基金(長野)
愛チカラ(愛知)
ふくしまいせしまの会(三重)
とっとり震災支援連絡協議会(鳥取)=1日のみ
福島の子どもたち香川へおいでプロジェクト(香川)

みみすま・こころとからだの相談室
快医学・手当て隊
子育てお悩みなんでも相談デスク=30日のみ



☆留学情報☆
学都松本市へ留学希望はこちら
『まつもと子ども留学』
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/

☆保養情報☆
心援隊☆冬休み 疎開・保養プロジェクト
http://ahaha.365blog.jp/e432933.html
  


2013年11月19日 Posted by あはは星人 at 22:14Comments(0)★避難・疎開・保養情報

心援隊☆冬休み 疎開・保養プロジェクト



2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から2年半以上が過ぎた現在も、東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、わが子の健康や未来を不安に憂う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、安全な地への避難・移住への第一歩としてもらうため、この冬休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

宿泊ホテルのそばには、緑豊かな大きな公園があり、太陽の下、土や緑に触れても安心して遊ばせてあげられます。
子どもたちの喜ぶイベント、先輩移住ファミリーとの交流など、色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子どもを守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2013年12月22日(日)~12月29日(日) 7泊8日


2) 基本滞在場所
クリスタルホテル南千里
http://www.crystalhotel.jp/


3) 募集定員  5家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方
※西日本などへの移住を検討されている方を優先いたします。


5) 参加費について  
①交通費は自己負担でお願いします。

②プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在期間中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

③期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・竹とんぼ大会・遠足
・たこ焼きパーティー・温泉
・在阪避難者さんとの交流会
・避難相談、移住相談(随時)
(予定中のイベントの中には、開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員にお電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
①参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
②住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
③参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
④避難・移住についての考えなど(移住を希望する期間や地域など)
⑤相部屋が可能かどうか
⑥その他特記事項(アレルギー・既往歴・障がい等・その他)
以上を下記の連絡先にご連絡ください。
(件名に「冬休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   11月30日(土)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません。


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆冬休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:クリスタルホテル南千里
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・Luft・スタジオWith・チームまっぺあ



☆保養イベント☆

「まつもと子ども留学」プロジェクトの説明会のご案内
kodomoryugaku-matsumoto.net/?page_id=86
◆西郷村 11月30日(土)
時間:午後1~5時

◆郡山市 12月1日(日)
時間:午前10時~午後3時  


2013年11月18日 Posted by あはは星人 at 18:42Comments(0)★避難・疎開・保養情報

第二回「まつもと子ども留学」プロジェクトの説明会のご案内

第二回「まつもと子ども留学」プロジェクトの説明会のご案内
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/?page_id=86



運営団体の理事、寮のスタッフたちにより「まつもと子ども留学」プロジェクの説明会を、以下のとおり開催します。関心のある方は、是非、ご参加下さい。
お問い合わせはこちらまで→090-3757-1998 (橋本)  080-3327-5027(中野)

◆福島市 11月17日(日)
◎内容
・第1部 子どもと大人のための学習会
理解しているようで、理解していない。それが、放射線とその危険性です。
これらを改めて学ぶことは、今後の人生で切っても切り離せない被ばく問題に関 する理解をより深めることにつながります。
そして、子どもと大人が一緒に学ぶ、それは、子どもにとっては自分たちの将来 を考え、大人にとっては子どもたちの将来に心を寄せる意味で貴重な機会となり ます。
また、今回は、子どもたちの国内留学を支援する「まつもと子ども留学」についてのご案内と、受け入れスタッフとの懇談の機会も設けます。
ぜひ、この機会にご参加ください。

テーマと講師
「原発事故による健康被害をマスコミはどのように伝えてきたか」 --医療現場からの報告--
種市 靖行(まつもと子ども留学基金の理事・池田記念病院整形外科)
・第2部 「まつもと子ども留学」説明会
◎時間:午後2~4時  4時~は個別相談会
◎場所:福島市市民活動サポートセンター 会議室A
福島市大町4-15 チェンバおおまち3階
電話 024-526-4533
◎参加費 無料



☆参加について☆
1 対象:小学校高学年から理解できる内容です。

2 参加希望の方は、11月8日(金曜日)までに、以下の点をメールまたは電話でお知らせください。
・お名前(お子様連れの際は、お子様のお名前も)
・連絡先メールアドレスまたは電話番号

3 参加申し込み先
メール entry@kodomoryugaku-matsumoto.net
電話 090-2272-7865(19:00~22:00)

4 定員に達し次第お申込みは締め切らせていただきます。

5 学習会で質問したい方は、あらかじめ質問内容をメールまたは電話でお知らせ下さい。

参加ご希望の方は、氏名、連絡先、参加会場、人数等をメール(→entry@kodomoryugaku-matsumoto.net)にてお知らせください。

◆説明会についてのお問い合わせはこちらまでお願いします◆
TEL: 090-3757-1998 (橋本) / TEL: 080-3327-5027(中野)

◆上記日程のほかにも説明会、個別相談のご希望がありましたらご連絡ください。  


2013年11月15日 Posted by あはは星人 at 20:45Comments(0)★避難・疎開・保養情報

大学のオープンキャンパスや就活等自由にご利用下さい!!


NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
プチ保養2013年11月~1014年1月女子学生プラン

2013年11月 福島の女子高生・学生応援東京スティ第5回募集要項  


スティ先は東京・池袋より約30分のところ。
ここを拠点に、プチ保養をかねて大学のオープンキャンパス・講習・就職活動等、自由にご利用下さい。
また気分転換に都心にあそびに行くというのもおすすめです。

週末や連休、平日でもOKです。

東京の田舎に遊びにきてね~(^O^)

 滞在中は自由に過ごして下さいね。
ご希望であれば案内もしますよ!!

 まずはお気軽にお問い合わせください。

★スティ先と募集期間人数など
 大滝宅(清瀬市元町2丁目・西武池袋線清瀬駅下車徒歩12分
  募  集 女子(中高生~学生)1~3名 (一部屋)
  食  事 朝夕食付。昼食は外食をお願いします。

自己負担 清瀬までの交通費・食事代・宿泊費800円(朝食付1000円 朝・夕食付1300 円)

交  通 新幹線宇都宮駅で埼京線または新宿湘南ラインに乗り換え池袋駅へ。池袋駅で西武池袋線に
    乗りかえ(乗車25分。急行の場合はひばりヶ丘駅で各駅停車乗り換え)清瀬駅下車徒歩12分

そ の 他 ○犬がいます。
○滞在中の過ごし方は自由。ご希望の場合は案内します!!
   ○延泊・平日ご希望の場合等遠慮なくご相談下さい。

★申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! まずは連絡お待ちしています。
  NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川) 〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
  TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
  携帯070-6611-2690(WILLCOM) Eメール kiyosekodomonet@yahoo.co.jp
  

2013年11月15日 Posted by あはは星人 at 20:25Comments(0)★避難・疎開・保養情報

福島及び近隣地域の乳幼児~中高生親子の保養にどうぞ!!

福島及び近隣地域の乳幼児~中高生親子の保養にどうぞ!!

NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト

プチ保養2013年11月~2014年1月乳幼児~中高生親子プラン


2013年11月 福島の親子応援東京スティ第10回募集要項    

比較的放射線量の高い福島および近隣の地域にお住まいの方を対象にして、昨年5月からプチ保養に取組み、17組の御家族とオープンキャンパスの見学等を兼ねた女子高生や中学生のグループ10組合わせて27組94人(リピーター8組含む)の皆様にご利用いただきました。

利用者のお住まいも国見町・川俣町・福島市・二本松市・郡山市・須賀川市・白河市、いわき市・伊達市・米沢市と少しづつ広がり、滞在日程も1泊2日から7泊8日まで様々です。

場所は東京の郊外ですが、週末や連休を利用して(平日ももちろんOK)自炊しながら自由に過ごして下さい。
ここを拠点に遊びにでかけるなどどうでしょうか。

学校選びや就職活動などに利用するのもいいかも。

東京スティで気分転換して、日頃の放射能によるストレスを吹き飛ばし、免疫力のアップにつながることを願っています。

保養は通年募集しています。2月以降も保養の予約ができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

萩原宅(東村山市多摩湖町3丁目(西武多摩湖線西武園駅下車徒歩6分)
  募  集 親子1~2組8名ぐらいまで(2階建一軒家)
  食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。

交  通 西武園駅から東村山駅乗り換え西武新宿線に乗り高田馬場まで35~40分。

駐 車 駐車スペース(高2.2m)有り

設備備品 ガス水道電気・風呂・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン・床暖房(1Fのみ)有
※すぐ近くに西武遊園地、西武球場、トトロの森があります。スーパー有。

自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども500円 大人(中学生以上)1000 円
  そ の 他 テレビなし。

★スティ先
神戸(かんべ)宅(清瀬市松山2丁目・西武池袋線清瀬駅から徒歩7分)
  募 集 親子1~2組6名ぐらいまで(2階建一軒家1階部分 3DK)
  食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。

交  通 西武池袋線清瀬駅から池袋まで25分、新宿三丁目33分、渋谷まで39分
 駐 車 近くの有料駐車場

設備備品 ガス水道電気・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども400円 大人(中学生以上)800円

そ の 他 テレビ・風呂なし。お風呂は近くの銭湯でお願いします。

家主が併設の事務所で10時~18時アニメの仕事をしています。トイレと台所昼間のみ共用


★申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! まずは連絡お待ちしています。
  NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川) 〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
  TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
  携帯070-6611-2690(WILLCOM) Eメール kiyosekodomonet@yahoo.co.jp   


2013年11月15日 Posted by あはは星人 at 20:24Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★黒姫高原キャンプ募集案内(長野県)

<黒姫高原キャンプ募集案内>
http://blogs.yahoo.co.jp/kdmhk1329


※クリックすると大きくなります。

おいしい空気と水が豊かな長野県信濃町において、福島の子どもたちを招いて「第1回ふくしまの子どもたち 黒姫高原キャンプ」を実施します。

黒姫山山麓の避暑地区に位置する宿泊施設は、林に囲まれ、すぐそばには小
川も流れています。

自然の中でゆったり、のびのび過ごすプログラムと、地元でとれたお米や新鮮な高原野菜をふんだんに使ったお母ちゃんたちの手作り料理など、安全な環境で夏の楽しい思い出を子どもたちにプレゼントしたいと思います。

主催:子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク・北信 黒姫高原事務局
期間:2013年7月29日(月)~8月3日(土) 5泊6日
宿泊場所:黒姫高原野尻湖そばの社員寮
参加費用:一人5千円(保険料込)送迎のバスは無料です
募集人数:10名
対象:福島県内の小学5年生~中学3年生
内容:そば打ち体験・ブルーベリー狩り・カヌー体験・森歩き&クラフト・野外
パーティー(郷土料理の笹寿司・ニラせんべいなど)



上のチラシは以下からパワーポイントのデータでダウンロードすることができます。
http://yahoo.jp/box/PxC3vn

上のチラシのPDFデータは以下からダウンロードすることができます。
http://yahoo.jp/box/DqU7YZ

申し込みは下記の連絡先に電話・FAX・メールなどでお願いします。

連絡先:澤田由紀子
  メールアドレス
berghiel57@y9.dion.ne.jp
  電話 090-9751-6027 
  FAX 026-217-5458



●ボランティアスタッフ・協力者募集中です。
第5回目準備会議は
6月16日(日)  13:30~ 北長野・吉田公民館 教室1
第6回目準備会議は  
7月7日(日)  13:30~ 長野市ふれあい福祉センター 4階-3

●募金も引き続きお願い致します。
郵便振替口座 00590-8-101192
 加入者名    子ども信州ネット・北信


<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★黒姫高原キャンプ募集案内(長野県)
http://ahaha.365blog.jp/e428528.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年07月07日 Posted by あはは星人 at 06:41Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野

こちらのリフレッシュキャンプには、僕も参加します。
いろいろと交流していきましょう〜!


山村留学を考える交流会

【表】

※クリックすると大きくなります。

【裏】

※クリックすると大きくなります。



場所:長野県望月少年自然の家
http://www.sakunet.ne.jp/~moti1258/

日時:8月16日〜20日(4泊5日)

募集人数:50名(スタッフを含む) 申し込み締め切り 7月15日

参加費:保護者8,000円 子ども5,000円 (一日目の夕食から最終日昼食まで込み)

条件:福島県在住の小・中学生。保護者は必須で2名まで、幼児連れも可。

交通:現地と福島を無料バスで送迎

内容:長野での生活の一端をレクレーションと交流を通じ体験してもらう。

交流会では避難プロジェクトモデル(山村留学)の見学映像を上映し、解説。

主催:ふくしま集団疎開裁判の会
連絡先:岡田としこ 090−8494−3856 
toshiko_english(あっと)xf7.so-net.ne.jp ※(あっと)を@に変換してください。迷惑メール防止です。




<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月26日 Posted by あはは星人 at 15:07Comments(0)★避難・疎開・保養情報

心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」

心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」
http://www.shinentai.net/2013/06/22/2013natsu-boshu/



2011年3月11日の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から二年以上経った現在、
未だに多くの人が、汚染地での不安な生活を余儀なくされています。

そんな不安から開放され、心身の健康を取り戻し、
安全な地への避難・移住への第一歩としてもらうため、
この夏休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

宿泊場所の側には、緑豊かな大きな公園があり、
土や緑に触っても、安心して遊ばせてあげられます。
子ども達の喜ぶイベント、先輩移住者との交流など、
プログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子どもを守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
・1クール目 2013年7月22日(月)~7月30日(火)
・2クール目 2013年7月30日(火)~8月6日(火)


2) 基本滞在場所
クリスタルホテル南千里
http://www.crystalhotel.jp/


3) 募集定員  5家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方
※西日本などへの移住を検討されている方を優先いたします


5) 参加費について  
①交通費は自己負担でお願いします。
  
②プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在期間中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

③期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・竹とんぼ大会・遠足
・たこ焼きパーティー・リラックスタイム
・在阪避難者さんとの交流会
・住宅見学・避難相談、移住相談(随時)
(予定中のイベントの中には、開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員にお電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
①参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
②住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
③希望する日程(1クール目・2クール目・どちらでも可)
④参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
⑤避難・移住についての考えなど(移住を希望する期間や地域など)
⑥相部屋が可能かどうか
⑦その他特記事項(アレルギー・既往歴・障がい等・その他)
以上を下記の連絡先にご連絡ください。
(件名に「夏休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切  7月1日(月)  まだ大丈夫です!お問合わせください(^^)/
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆夏休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:クリスタルホテル南千里・森源太
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・スタジオwith・チームまっぺあ

-----
これまでのプロジェクトの様子

☆2011年冬休み(12/27~1/6)の様子はこちらから(ブログ)
http://ameblo.jp/shinentai/entry-11175140300.html

☆2012年春休み(3/27~4/4)プロジェクト報告書
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2012/05/houkokusho.pdf

☆2012年夏休み(7/26~8/2、8/6~8/13、8/13~8/20)プロジェクト報告書
http://www.shinentai.net/2012/09/26/natsuyasumi12houkoku/

☆2012年冬休み(12/28~1/5)プロジェクト報告書
http://www.shinentai.net/2013/03/03/2012fuyu_houkokusho/

☆2013年春休み(3/26~4/2)プロジェクト報告書
http://www.shinentai.net/2013/05/13/2013haru-houkokusho/

ホームページはこちら
http://www.shinentai.net/



<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月24日 Posted by あはは星人 at 09:21Comments(0)★避難・疎開・保養情報

プチ保養2013年7~9月乳幼児~中高生親子プラン

福島及び近隣地域の乳幼児~中高生親子の保養にどうぞ!!

NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト
プチ保養2013年7~9月乳幼児~中高生親子プラン

福島の親子応援東京スティ第8回募集要項

比較的放射線量の高い福島および近隣の地域にお住まいの方を対象にして、昨年5月からプチ保養に取組み、14組の御家族とオープンキャンパスの見学等を兼ねた女子高生や中学生のグループ6組合わせて20組(リピーター5組含む)の皆様にご利用いただきました。

利用者のお住まいも国見町・川俣町・福島市・二本松市・郡山市・須賀川市・白河市と少しづつ広がり、滞在日程も1泊2日から7泊8日まで様々です。

場所は東京の郊外ですが、週末や連休を利用して(平日ももちろんOK)自炊しながら自由に過ごして下さい。
ここを拠点に遊びにでかけるなどどうでしょうか。

学校選びや就職活動などに利用するのもいいかも。ご希望であれば案内もしますよ!!

東京スティで気分転換して、日頃の放射能によるストレスを吹き飛ばし、免疫力のアップにつながることを
願っています。

9月以降も保養の予約ができますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

★スティ先
神戸(かんべ)宅(清瀬市松山2丁目・西武池袋線清瀬駅から徒歩7分)
  募 集 親子1~2組6名ぐらいまで(2階建一軒家1階部分 3DK)
  
  食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。

交  通 西武池袋線清瀬駅から池袋まで25分、新宿三丁目33分、渋谷まで39分
 駐 車 近くの有料駐車場

設備備品 ガス水道電気・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エアコン
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども400円 大人(中学生以上)800円

そ の 他 テレビ・風呂なし。お風呂は近くの銭湯でお願いします。
家主が併設の事務所で10時~18時アニメの仕事をしています。トイレと台所昼間のみ共用
 


萩原宅(東村山市多摩湖町3丁目(西武多摩湖線西武園駅下車徒歩6分)
  募  集 親子1~2組8名ぐらいまで(2階建一軒家)
  食  事 自炊(ガス)または外食をお願いします。鍋釜等調理器具・食器完備。お米、基本調味料あります。

交  通 西武園駅から東村山駅乗り換え西武新宿線に乗り高田馬場まで35~40分。
駐 車 駐車スペース(高2.2m)有り

設備備品 ガス水道電気・風呂・布団・バスタオル・炊飯器・冷蔵庫・電子レンジ・掃除機・洗濯機・エ
アコン・床暖房(1Fのみ)有
※すぐ近くに西武遊園地、西武球場、トトロの森があります。スーパー有。
自己負担 滞在先までの交通費・食費・滞在費一泊子ども500円 大人(中学生以上)1000 円
  そ の 他 テレビなし。

★申込・お問い合わせはお気軽にどうぞ! まずは連絡お待ちしています。
  NPO法人清瀬こども劇場・東京の親戚プロジェクト(長谷川) 〒204-0022東京都清瀬市松山2-19-6
  TEL.042-493-7970 FAX.042-493-8090 (お願い!! 電話は10回以上鳴らして下さい)
  携帯070-6611-2690(WILLCOM) Eメール kiyosekodomonet@yahoo.co.jp



<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月21日 Posted by あはは星人 at 18:53Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★『2013洞爺バケーション開催決定!!』

大人気の保養プログラムが今年も開催!
『2013洞爺バケーション開催決定!!』 8月1日~8月7日
http://maketheheaven.com/megumijapan/?p=10379
お早めにお申込下さいませ〜〜!

洞爺バケーション2012<映像>
http://www.youtube.com/watch?v=9mGnaOdgpuU





1.洞爺バケーションとは

北海道の大自然の中で、のびのび遊んでもらいたい!
以前はできていたけど、今はできない外で遊ぶこと。湖で遊ぶこと。草の上で寝転がること・・・
なんの制限なく子ども達にいっぱい遊んでもらいたい。
そんな姿をお父さん・お母さんにも見てほしいと思っています。

ここでは、日ごろ胸の中に潜めている想いをみんなでいっぱい話しましょう~
今一人で悩んでいる親御さん。
みんなでいろんなこと話していくうちにこれから生きていくヒントがみつかるかもしれませんね。

また、今回は35名という人数なので、みんなで助け合いながらアットホームな感じになるのかな~と思っています。
帰るころには、一つの家族のようになればいいなぁと思っています。
もちろん、スタッフも一緒の家族にさせてください。

また、去年、一昨年前と大変ご好評頂いた、免疫力をあげる「食」を教えていただける船越先生を今年もお呼びしています。
帰ってからすぐ実践できるのでここでしっかり学んで帰ってくださいね。

今回は、こちらでおおまかなスケジュールを組んでいますのでみなさん一緒に行動していただくことになります。
ゆっくりと過ごしていただく時間もご用意しています。

詳細なスケジュールは現在調整中です。

洞爺でゆっくりしてもらう時間、みんなでワイワイする時間
一生の思い出になるよう、ステキな企画を考えています。

六泊七日、素敵な出逢いと感動的な体験があなたを待っていますよ!

★今回の目的

・子ども達の、心と体の免疫力を上げ、心身共に元気になってほしい

・免疫力を上げる「食」について学んでほしい

・子供たちに外で思いっきり遊んでほしい

・日頃のストレスを癒してほしい

・今後のあり方や、生き方を考えるきっかけを提供したい

・移住の選択肢を広めてほしい

————————————-

2. 洞爺湖バケーションで必要な費用について

今回の期間中、1人あたり必要な費用は「約7万円」を見込んでいます。

★費用の内訳
・宿泊費:3万円(1日5000円 朝夜二食付き・6日分)
・交通費:4万円(フェリー代・バス代)

一人でも多くの方に参加いただくため
みなさまにも費用の負担をお願いします。

★皆さんにご負担いただく金額
・大人¥20,000

・子ども¥10,000

3歳以下のお子様は無料となります。お布団は添い寝をしていただきます。

・お子様のみ:2万円(小学3年生以上)
中学生以上のお子様が参加される場合は「お子様のみ」でお願いします。
中学生以上のお子様と、保護者が一緒に参加される場合
保護者分は実費負担をお願いします。

宿泊施設への支払いは前払いとなるため
申し訳ありませんが、先に振込みをお願いすることになります。

振込先は担当者より個別に連絡させていただきます。

————————————-

3. 参加する期間について

8月1日~8月7日
フェリーの空き人数の関係もあり、日程が前後することがあります。
移動に使用するフェリーは往復ともに「仙台港~苫小牧港」となります。

■太平洋フェリー

7月31日
仙台港発→苫小牧港着
19:40 仙台発~翌日11:00 苫小牧着

8月7日
苫小牧港→仙台港
19:00 苫小牧発~翌日10:00 仙台着

※仙台港まではご自身で来ていただくことになります。

〒983-0001 仙台市宮城野区港3丁目7番1号
http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/
————————————-

4. 期間中の宿泊場所について

宿泊場所

・8月1日から4日まで
湖畔の宿かわなみ

部屋割りについては、基本的にこちらで決めさせていただきます。
部屋割りに関する質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承下さい。

なお、期間中の、部屋の掃除やシーツ交換などはご自身で行っていただくことになります。

・8月5日から8月7日

新十津川青少年交流キャンプ場

5日はテントでの宿泊

6日はバンガローでの宿泊

大自然で思い切り楽しみましょう♪

新十津川は、寝袋での宿泊となります。寝袋など持ち込みを希望される方は郵送で送っていただくことも可能です。

————————————-

5. 参加中のケガ、病気、損害について

期間中、メイクザヘブンのスタッフが常駐し、同じ場所で生活するわけではありません。
万が一、ケガや病気、何らかの損害、事故などが発生した場合
メイクザヘブンとして責任を負うことができません。

期間中の行動は、全て自己責任となることをご了承下さい。

なお、持病、アレルギー、お薬を飲まれている方は、前もってお知らせ下さい。

お子様のみでの参加希望をされる方は、「小学3年生以上」とさせていただきます。
中学生以上のお子様の場合は「お子様のみ」の参加とさせていただきます。

————————————-

上記内容をふまえて、必要事項の入力をお願いします。

締め切り 平成25年7月10日
※また、締め切り日になっても定員に満たない場合は、
数日締め切り日の延長をいたします。

7月12日までに皆様にご連絡いたします。
参加費の振り込みは7月19日までにお願いします。

※19日以降のキャンセルは、できません。
19日以降のキャンセルは参加費を返金することができません。

フェリーの座席確保や、宿泊場所の調整等が必要となるため
申し込みいただいた後、担当者より直接連絡させていただきます。

1人でも多くの方が参加できるよう準備しておりますが
応募状況によっては、ご希望に沿えない可能性があることをご了承ください。

皆さまのご理解とご協力、よろしくお願いします。

————————————-

★入力上のお願い

【3名を超えるお子さんと参加希望の方へ】
一度に3名までの申し込みとなりますので、保護者の名前を同じにして
再申し込みをお願いします。

【今後の案内について】
申込み後、すぐに自動返信メールが届きます。
もし届かない場合、今後の案内メールも届かない可能性がありますので
パソコンメールを受信できるよう設定いただき、申し込みお願いします。

★設定方法はコチラ
http://autobiz.jp/mobile/manual.html

★お問い合わせ
toya-vacation@maketheheaven.com
078-201-7104(月~金 9:00~17:00)
MAKE THE HEAVEN 担当:織田美智子

お申込みフォームはこちら↓

http://39auto.biz/maketheheaven/regires.php?tno=200


2013年今年も洞爺バケーションの応援お願いします。
http://maketheheaven.com/megumijapan/?p=10388




<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月21日 Posted by あはは星人 at 15:06Comments(0)★避難・疎開・保養情報

学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 

希望高校への合格をめざして、夏休みは涼しい北海道で猛勉強!
学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://shien-do.com/musubiba/home/2013/06/-201387820.html

[期間]2013 年8月7日~8月20日
[定員]中学3年生10名
[募集対象]福島県内在住 及び 県外に避難している福島県の中学3年生
 福島県の学習指導に沿ったプログラムのため福島県の中学生に限定します。  

[参加費]2万円 (2週間全ての経費及び模擬試験料込み)
[実施会場]札幌市内( スコーレユウ校舎 及び 宿舎研修室 )
[宿泊先]札幌国際ユースホステル、NTT北海道セミナーセンタ

[学習支援内容]
(1)英数国理社5教科、個別指導
(2)福島県下の高校入試状況に配慮した指導
(3)進学のモチベーションアップを図るためのキャリア教育プログラムも用意

申込み/TEL090-3390-9946(担当三上)
    E-mail : mimisuma@shien-do.com
    添付の申込書をFAXでお送りください。
締切り/6月25日(応募多数の場合は抽選、結果は6月30日までに連絡)

主催:むすびば(東日本大震災市民支援ネットワーク札幌)  
    NPO法人 (申請中)みみをすますプロジェクト




<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月20日 Posted by あはは星人 at 12:03Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ

〜牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ〜

今年も、恒例の牧場暮らしキャンプinあわしま牧場が開催されます。
また、被災地の方々を対象とした夢キャンプも同時開催です。
命とより添う、夏の牧場暮らしに是非ご参加ください。

◆開催期間
7月24日(水)〜8月26日(月)

◆募集期間:随時

◆募集人数:1日6名

◆キャンプ参加費
1名1日15,000円(食費、宿泊費、プログラム料、保険料、新潟からの送迎、消費税など全て込み)
※希望される参加日数で参加費が決まります。

◆夢キャンプ(被災者支援キャンプ)参加費::粟島浦村地域雇用創造協議会主催
無料
※被災者とは、2011年3月11日に福島、宮城、岩手にお住まいだったか、現在も年間放射線量が1ミリシーベルトを超える地域にお住まいの方とします。
※送迎希望の方は、郡山駅より下記日程にて実施されます。
※送迎希望の方は、送迎代金として、片道6,000円(粟島汽船代込み)を頂きます。
送迎の日程
8月1日(木)に郡山・・8月7日(水)粟島発
8月8日(木)郡山発・・8月14日(水)粟島発
8月15日(木)郡山発・・8月21日(水)粟島発

◆粟島村民参加費(しおかぜ留学参加者も村民扱いとなります)
プログラム料 1日3,000円(保険料、宿泊費、プログラム代金、消費税込み)
食費:1食500円(必要な場合は事前にお知らせください)
※村民プログラム料は宿泊してもしなくても同じ値段です。
※村民で10日間以上参加する方は、参加費は3万円で上限とします。(15日参加しても3万円)

◆プログラムスケジュール
06:00 起床
06:30 馬の朝ご飯
07:30 人の朝ご飯
09:00 牧場での活動(厩舎掃除、馬のお手入れ、乗馬など)
11:30 馬の昼ご飯
12:00 人の昼ご飯
14:00 島での様々な体験活動(海遊び、釣り、花火、漁師体験、などなど)
17:00 馬の夕ご飯
18:00 人の晩ご飯
21:00 消灯
※プログラムは天候などによって変更する事があります。

★牧場暮らしキャンプの特徴
・牧場暮らしキャンプは馬の命を守るという大きなミッションに支えられて展開されます。
・牧場暮らしキャンプの食事は、オーガニックな食材をできるだけ使用し、デトックス効果を期待した食事を提供します。
・牧場暮らしキャンプは粟島の自然、人、文化との交流によって実施されます。

★ボランティアスタッフの募集
・牧場暮らしキャンプでは牧場での様々な活動を、お手伝いして頂くボランティアを募集しています。ボランティアの方は、粟島までの交通費は自己負担、粟島での食費宿泊費はNPO法人Infoが負担するという内容です。皆様のお力をお待ちしています!!

★お申込、お問合せ
awashima-bokujyouアットマークryufo.com
090-6991-5179 田中


<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月20日 Posted by あはは星人 at 11:50Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集

★保養情報★
『2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集要項』

【期間】 7月22日(月)~8月22日(木)

【宿泊先】 
7/22(月)~28(日)・・・白藤学園マキノ研修センター(滋賀県高島市マキノ町新保1132)

7/28(日)~8/5(月)・・・有限会社アグロス胡麻郷(京都府南丹市日吉町字上胡麻小字口仏原5-1)

8/5(月)~8/14日(水)・・・のらねこ軒(滋賀県大津市北比良964-29)

8/14(水)~8/22(木)・・・白藤学園マキノ研修センター

※白藤学園研修センター…マキノの別荘地。
芝生の広い庭で自転車に乗ったり、スポーツしたり思いっきり遊べます。
※アグロス胡麻郷…田んぼと畑が広がる山あいののんびりした所で、虫取りや魚すくい、森の冒険など思いっきり自然を満喫できます。 
※のらねこ軒…びわ湖も山もすぐそばにあって、おまけにプールも歩いて行ける所にあり、宿には卓球台もピアノもあります。       

【対象年齢】小学生・中学生・高校生(子どもだけの参加OK)、
       未就学児(必ず保護者同伴)、その他ご相談ください。
【定員】 30名

【参加費】 500円/日×32日=16,000円 途中参加もOK。ご相談ください。

【交通費】 片道5,000円の補助をいたします。
    7/22(往路)、8/22(復路)は人数によっては貸切バスを用意します。
   貸切バス利用の際は片道5,000円をいただきます。
   人数が少ない場合は他の交通手段、送迎方法を考えます。

【食事】 一から手作りの安心、安全な素材にこだわったおいしいご飯を用意致します。
【キャンプ中の生活】
一言で言うとおとんがいて、おかんがいて、お兄ちゃんお姉ちゃんがいる大家族のようなキャンプです。
1か月という長期になりますので、夏休みの宿題ももちろん持ってきてください。勉強の心配をされている親御さんも、塾講師(京大生、滋賀大生、教育学部の学生)、もと教師もいますので安心して参加させてください。勉強時間、本を読む時間、お手伝いをする時間をしっかり決めて、おうちで過ごすような毎日の生活を大事にしたいと思います。
お出かけ日もただ今計画中です。もちろん、びわ湖やプールにも泳ぎに行きます。尚お出かけ、イベント参加は自由です。

【検診】希望者には甲状腺エコー、心電図、血液検査、尿検査が受けられます。
費用は6,000円で、医師に検診の結果について個々にご相談いただけます。

【お申込み・お問合せ】事務局 暮らしを考える会 
      ?: 077-586-0623 fax: 077-586-1403
       Mail:kurashi2005@mail.goo.ne.jp
【主催】 びわこ☆1・2・3キャンプ実行委員会
  後援: 滋賀県、高島市、大津市、日吉町
  協力:よつ葉デリバリー京滋




<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月20日 Posted by あはは星人 at 11:26Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ

★保養情報★
長野県塩尻市で施設無料受け入れ


※クリックすると大きくなります。

日程:7月20日〜8月25日
※受付は7月1日より予約受付

対象:福島県民か、国が放射能汚染のおそれがあるとして除染する「汚染状況重点調査地域」の7県61市町村の住民で、中学生までの子どもがいる家庭。

原則4泊5日でで、食事は事故負担となる。
一日の定員は100名で、受け入れ人数は日ごとに変わる。


お申込は県総合教育センターのホームページで予約用紙を入手し、
FAX0263-51-1290へ
メール:sogokyoiku@pref.nagano.lg.jp
※宿泊希望日の一週間前までに送信する。


★長野県総合教育センター★
http://www.edu-ctr.pref.nagano.jp/ukeire/ukeire.htm

お問合わせ:026-235-7184(県危機管理部)


<<保養情報>>

★ほよ〜ん相談会★ ※現在募集中の保養情報
http://hoyou.isshin.cc/


<<あはは星人参加保養プログラム>>
★2013洞爺バケーション 8月1日~8月7日まで
http://ahaha.365blog.jp/e427905.html
大人気保養プログラムなので、ぜひお早めに♪

★★保養情報★蓼科リフレッシュキャンプ in長野
http://ahaha.365blog.jp/e428127.html
申し込み締め切り 7月15日


<<オススメ保養プログラム>>
★心援隊「夏休み☆疎開・保養プロジェクト」※応募締切  7月1日(月)
http://ahaha.365blog.jp/e427998.html

★保養情報★ 長野県塩尻市で施設無料受け入れ
http://ahaha.365blog.jp/e427858.html

★保養情報★  2013.夏 びわこ☆1・2・3キャンプ募集
http://ahaha.365blog.jp/e427859.html

★保養情報★ 牧場の暮らしキャンプinあわしま牧場&夢キャンプ
http://ahaha.365blog.jp/e427861.html

★学習支援付き保養プログラム「つばさ 2013夏」 
http://ahaha.365blog.jp/e427863.html  


2013年06月20日 Posted by あはは星人 at 10:52Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★「つながる命 福島」参加者募集!残り6名!

第4回 「つながる命 福島」参加者募集!
http://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com/blog-entry-44.html



テーマ:日常にある笑顔
私達は「つながる命 福島」という団体を自然豊かで、人の心も温かい、山村の加子母で2年前に立ち上げました。 震災から2年という月日が流れましたが、放射能は依然として漏れている状態です。 この現実を受け止めつつ、今ある胸の内をお互い分かち合える場にできたら、と思っています。 食事のしたく、お洗濯,掃除、子どもの世話の中に幸せがあります。 それを一緒に取り戻し、そのありがたみをわかちあう、そんな1週間を加子母の自然の中でともにしませんか? 一緒にご飯を作りながら、一緒にこどもを連れて散歩しながら、つながっていきましょう。

●募集人数:20人まで(先着順) ※あと6名のみ!
●対象とする人:福島を中心とした地域に暮らす母子・長時間移動可能の妊婦の方
●日程:2013年7月13日(土)〜20日(土)
 (7泊8日)
●受付開始:5月13日10:00から
 「つながる命 福島」事務局までお申し込みください。 参加費のご入金をもって正式受付とさせていただきます。
●宿泊先:岐阜県中津川市加子母 ふれあいのやかたかしも(相部屋)

●現地予定行事
 地元の保育園との交流、川遊びなどを予定しています。 今回は特に日常の暮らしを共にしてつながりを深めることを目的としています。 ですから、あらかじめ予定を詰め込むのではなく、ゆったりと過ごしたいと考えています。 何よりも、素晴らしい加子母の自然と、優しい笑顔がお迎えします。 食事は施設内の食堂で、スタッフと一緒に料理をしながら楽しく食べましょう。

●参加費、送迎など
 参加費は大人も子供も無料
☆東京駅まで中型バスで送迎します。東京駅までは自費でお越し下さい。


*例えば名古屋駅周辺での送迎を希望される場合はご相談ください
☆宿泊費・食費は参加費に含まれます。
☆国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
●キャンセルについて
直前のキャンセルについては、キャンセル料をいただく場合もあります。

●主催団体「つながる命 福島」代表 木村 仁枝(ひとえ)
 ブログ:    http://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com
●申込方法及び申込先
参加者全員の氏名、ふりがな、性別、生年月日、年齢、学齢(お子様分)、郵便番号、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス、特記事項(アレルギーなど有れば)、簡単な自己紹介
以上を記入したメール又はFAXを、下記事務局にお送りください。
「つながる命福島」事務局(もりのいえ 森本)
 メール:tsunafuku@gmail.com  FAX:0573-79-3268
●不明な点、訊ねたい事があれば、お気軽に事務局にお問い合わせ下さい


第4回実施に向けて、サポーターを募集します!

早いもので、震災から2年という月日が流れました。 この2年、みなさまの生活はどうでしたでしょうか? 震災以後、津波被害にあった方は、痛みを抱えながらも前に向っています。 原発事故による放射能汚染地域やその周辺で暮らしている方には、気にしないように生活している方もいれば、いつも不安と共に暮らしている方等、いろんな方がいます。 そして相変わらず放射能は漏れているのが現状です。 新聞で、22才の女性が民間団体の検査を受けたところ、放射性物質セシウムが尿から通常を超える数値が検出されたという記事を見ました。これから、表に出てこなくてもそのような事象は、増える事でしょう。

保養合宿の意図は、以下の通りです。
① 外に出て身体を使って遊ぶ事→これによって免疫力が高まる
② 排毒 
③ お母さんが自分の想いをはきだす場所 (福島では、放射能に対する自分の想いを話し合う相手がいない。)
④ 深いつながりを作る場

第4回となる今回は、7月13日から、一週間加子母に福島の母子がやって来ます。 今回のテーマは「日常にある笑顔」です。 散歩をしたり、洗濯をしたり、食事をしたり、そんな当たり前のことが普通にできなくなっているからこそ、この加子母で日常にある笑顔を取り戻し、生きる力にしてもらいたいと思っています。 今回は、7月13、14、15日は休みなので、大人も子どもも気軽に遊びに来て欲しいです。
この活動は、皆様のあたたかいサポートなくしては継続できません。 どうぞ物心双方からのサポートをよろしくお願いいたします。

●つきましては、まずは支援金のサポートをよろしくお願いします。
支援金振込先
・ゆうちょ銀行 
(店名)二四八 普通 0663772 キムラヒトエ
・郵便振替   
 記号12480 番号6637721 キムラヒトエ
・益田信用組合
 加子母支店 普通0513475 つながる命 福島

●この他、物資の支援や人的支援も募集します。詳細が決まり次第、順次ご案内させていただきます。
皆様のご支援をお待ちしています!  


2013年06月12日 Posted by あはは星人 at 07:54Comments(0)★避難・疎開・保養情報

南(ぱい)ぬ島(しま)の母子保養 ご案内

南(ぱい)ぬ島(しま)の母子保養 ご案内

ちむぐくるは、2011年7月に石垣市と連携して立ち上がり、市民ボランティアによる活動をしてきました。主な活動として、石垣市民の善意で提供された住宅を整備し、東北・関東地方から自主避難や保養に来られた母子をこれまでに45家族120名を受け入れてきました。また、昨夏には、福島県の小中学生28人と引率者2人を13日間受け入れるプロジェクトを行いました。
 今回、ちむぐくるでは期間限定で交通費補助付きの保養事業を行います。海と緑が美しい亜熱帯の島で、どうぞのんびりとお過ごしください。

【目的】 母子保養を希望される方への住宅支援

【対象】 福島県、茨城県、埼玉県及びその近県などにお住まいの方で、医者から保養を勧められているような子どもを抱え、経済的事情等により保養が十分にできなかった母子(被災証明・罹災証明がなくても可)

【期間】 2013年4月~6月

【滞在場所】 沖縄県石垣市内 ちむぐくる支援住宅 3カ所(詳細は別紙1)

【滞在負担金】 1ヵ月あたり1万8千円~2万3千円余(水道光熱費、維持費など込み) 
 1ヵ月未満は日割りあり(詳細は別紙1)

【交通費補助金】 母3万円、交通費の必要な子ども1人2万円

【生活】 支援住宅での共同自炊生活となります。

【応募の条件】
 ・最低2週間以上滞在できる方
 ・各地域のちむぐくると関係する団体を通し応募した方の中から、相談に応じ14家族程度
 ・入居覚え書きに同意していただいた方

【その他】 空港から送迎あり。ちむぐくるネットワークの主催するイベント等に参加できます。
(例:避難・保養・移住した母子らとのお茶会、BBQなど)

【石垣島へのアクセス】 羽田より直行便で3時間15分
航空運賃の一例:片道20,170円(JAL先得割引4月平日)

【主催】 東日本大震災・福島原発事故 被災者、避難者支援ネットワーク石垣島 ちむぐくる 
電話 070-5419-3732寺田
mkr-tama@par.odn.ne.jp
http://www.chimugukuru.net/

【問い合わせ先】
 はっぴーあいらんど☆ネットワーク 担当:鈴木真理 
 携帯 090-5237-4312 FAX 0248-72-2882 Mail happy.island311@gmail.com

 いわき母笑みネットワーク 事務局:ちば
 携帯 090-7065-8196 mail maeveherb2@yahoo.co.jp



詳細については下記を参照にして下さい
問い合わせ・申し込みは、はっぴーあいらんど☆ネットワーク / いわき母笑みネットワークまで連絡下さい

別紙1
ちむぐくる支援住宅について
市民の善意により提供され、ちむぐくるが管理しています。自炊の共同生活となります。

1. 伊野田住宅  2家族同時滞在可、3家族まで(主に福島の方)
沖縄県石垣市桃里のカトリック教会が所有する建物で広い庭があります。郊外です。

母屋:和室6畳(エアコン付)、洋室12畳(エアコン付)、板の間8畳

【共同設備】 ダイニングキッチン、シャワー、トイレ、洗濯機

 離れ:和室8畳、物置4畳

【共同設備】 キッチン、シャワー、トイレ、板の間8畳(エアコン付)

【滞在負担金】 1月あたり:1万5000円(水道・光熱費込み お子さん2人目から+1000円)+ 住宅負担金3,000円(※1)   
1ヵ月未満:1日あたり500円 + 住宅負担金100円(※2)

【周辺の環境】 ビーチまで徒歩3分、幼稚園・小学校近く。バス停近い。
市の中心部まで車で20分 路線バス30分(1日数本)近くに売店あり。スーパーや病院は車で行かなければなりません。

【備考】 ネット環境あり(回線料は利用者負担)、寝具については相談。
既に1家族3名が6月まで滞在中です。敷地内の草取りをお願いしています。


2. 大浜住宅  3家族同時滞在可、5家族まで(主に埼玉の方)

沖縄県石垣市大浜のグループホームの2階部分です。市街地の外れ。ふすまで仕切られた部屋です。
和室 8畳×3、 4.5畳×1、 洋室6畳×1

【共同設備】 ダイニングキッチン、談話室(エアコン付)、シャワー、トイレ、洗濯機

【室内設備】 エアコン3台整備予定

【滞在負担金】 1月あたり:1万5000円(水道・光熱費込み お子さん2人目から+1000円)+ 住宅負担金3,000円(※1)   
1ヵ月未満:1日あたり500円 + 住宅負担金100円(※2

【周辺の環境】 スーパーまで徒歩10分、徳州会病院 徒歩5分、ビーチまで自転車で15分

【備考】 ネット環境整備予定(回線料は利用者負担)、寝具については相談。


3. 真栄里住宅  3家族同時滞在可、5家族まで(主に茨城の方)

沖縄県石垣市真栄里の住宅です。仲山様の所有する2階部分の個室です。市街の住宅地です。

全個室 4.5畳 エアコン付き


別紙1-2


【共同設備】 ダイニングキッチン約8畳、談話室約8畳、バスタブ、シャワー、トイレ、洗濯機

【滞在負担金】 1月あたり2万円(水道・光熱費込み、お子さん2人目から+1000円)+ 住宅負担金3,000円(※1)   
1ヵ月未満:1日あたり700円 + 住宅負担金100円(※2)

【周辺の環境】 徒歩圏内にスーパー、コンビニがあります。ビーチまで自転車で20分

【備考】 ネット環境あり(回線料は利用者負担)、布団は大家さんからお借りすることができます。


※1 住宅負担金とは、ちむぐくるが管理する3か所の支援住宅の補修や維持管理のために使用しています。
(営繕費2000円 、現状回復費用1000円)
 
※2 1ヵ月未満の滞在で2人目のお子さん分1000円の日割りいたしません。あらかじめご了承ください。   


2013年05月25日 Posted by あはは星人 at 20:16Comments(0)★避難・疎開・保養情報

★保養情報★「つながる命 福島」参加者募集!残り6名です!

残り6名です♪
お早めにお申込くださいませ〜(^^)/

第4回 「つながる命 福島」参加者募集!




テーマ:日常にある笑顔
私達は「つながる命 福島」という団体を自然豊かで、人の心も温かい、山村の加子母で2年前に立ち上げました。 震災から2年という月日が流れましたが、放射能は依然として漏れている状態です。 この現実を受け止めつつ、今ある胸の内をお互い分かち合える場にできたら、と思っています。 食事のしたく、お洗濯,掃除、子どもの世話の中に幸せがあります。 それを一緒に取り戻し、そのありがたみをわかちあう、そんな1週間を加子母の自然の中でともにしませんか? 一緒にご飯を作りながら、一緒にこどもを連れて散歩しながら、つながっていきましょう。

●募集人数:20人まで(先着順)
●対象とする人:福島を中心とした地域に暮らす母子・長時間移動可能の妊婦の方
●日程:2013年7月13日(土)〜20日(土)
 (7泊8日)
●受付開始:5月13日10:00から
 「つながる命 福島」事務局までお申し込みください。 参加費のご入金をもって正式受付とさせていただきます。

●宿泊先:岐阜県中津川市加子母 ふれあいのやかたかしも(相部屋)

●現地予定行事
 地元の保育園との交流、川遊びなどを予定しています。 今回は特に日常の暮らしを共にしてつながりを深めることを目的としています。 ですから、あらかじめ予定を詰め込むのではなく、ゆったりと過ごしたいと考えています。 何よりも、素晴らしい加子母の自然と、優しい笑顔がお迎えします。 食事は施設内の食堂で、スタッフと一緒に料理をしながら楽しく食べましょう。

●参加費、送迎など
☆それぞれ一人につき、大人7,000円、子供5,000円、3歳以下無料
☆東京駅まで中型バスで送迎します。東京駅までは自費でお越し下さい。
*例えば名古屋駅周辺での送迎を希望される場合はご相談ください
☆宿泊費・食費は参加費に含まれます。
☆国内旅行傷害保険はこちらでおかけします。
●キャンセルについて
直前のキャンセルについては、キャンセル料をいただく場合もあります。

●主催団体「つながる命 福島」代表 木村 仁枝(ひとえ)
 ブログ:    http://tsunagaruinochifuku.blog.fc2.com

●申込方法及び申込先
参加者全員の氏名、ふりがな、性別、生年月日、年齢、学齢(お子様分)、郵便番号、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス、特記事項(アレルギーなど有れば)、簡単な自己紹介
以上を記入したメール又はFAXを、下記事務局にお送りください。
「つながる命福島」事務局(もりのいえ 森本)
 メール:tsunafuku@gmail.com  FAX:0573-79-3268

●不明な点、訊ねたい事があれば、お気軽に事務局にお問い合わせ下さい



第4回実施に向けて、サポーターを募集します!

早いもので、震災から2年という月日が流れました。 この2年、みなさまの生活はどうでしたでしょうか? 震災以後、津波被害にあった方は、痛みを抱えながらも前に向っています。 原発事故による放射能汚染地域やその周辺で暮らしている方には、気にしないように生活している方もいれば、いつも不安と共に暮らしている方等、いろんな方がいます。 そして相変わらず放射能は漏れているのが現状です。 新聞で、22才の女性が民間団体の検査を受けたところ、放射性物質セシウムが尿から通常を超える数値が検出されたという記事を見ました。これから、表に出てこなくてもそのような事象は、増える事でしょう。

保養合宿の意図は、以下の通りです。
① 外に出て身体を使って遊ぶ事→これによって免疫力が高まる
② 排毒 
③ お母さんが自分の想いをはきだす場所 (福島では、放射能に対する自分の想いを話し合う相手がいない。)
④ 深いつながりを作る場

第4回となる今回は、7月13日から、一週間加子母に福島の母子がやって来ます。 今回のテーマは「日常にある笑顔」です。 散歩をしたり、洗濯をしたり、食事をしたり、そんな当たり前のことが普通にできなくなっているからこそ、この加子母で日常にある笑顔を取り戻し、生きる力にしてもらいたいと思っています。 今回は、7月13、14、15日は休みなので、大人も子どもも気軽に遊びに来て欲しいです。
この活動は、皆様のあたたかいサポートなくしては継続できません。 どうぞ物心双方からのサポートをよろしくお願いいたします。

●つきましては、まずは支援金のサポートをよろしくお願いします。
支援金振込先
・ゆうちょ銀行 
(店名)二四八 普通 0663772 キムラヒトエ
・郵便振替   
 記号12480 番号6637721 キムラヒトエ
・益田信用組合
 加子母支店 普通0513475 つながる命 福島

●この他、物資の支援や人的支援も募集します。詳細が決まり次第、順次ご案内させていただきます。
皆様のご支援をお待ちしています!  


2013年05月22日 Posted by あはは星人 at 09:27Comments(0)★避難・疎開・保養情報

☆保養情報☆ 球美の里 保養・第12回(5/28~6/11)

球美の里 保養・第12回(5/28~6/11)
http://www.iwakisokuteishitu.com



[保養期間]  5月28日~6月11日



[対象者]   福島県内及び近隣県に在住の0歳~15歳(中学3年生)

       未就学児とその保護者(母、または祖母)

      ※小学1年生~中学3年生までは児童のみ参加可



[募集人数]  50名程度



[自己負担額]  子ども1人あたり、5,900円(旅行保険、諸経費)

        保護者、40,000円前後の交通費(飛行機代)

自己負担なります。



[保養内容]   久米島・球美の里で2週間のびのび

       ゆったり島の暮らしをたのしみます。

       いろいろなプログラムを準備しております。



[この企画の賛同人]  山田洋次(映画監督) 宮崎駿(監督)

          吉永小百合(俳優) 石井竜也(アーティスト) 

          加藤登紀子(歌手) 池田香代子(翻訳者)

          落合恵子(作家) 坂本龍一(アーティスト)

          ナターシャ・グジー(チェルノブイリ被災歌手)

          ピーター・バラカン(キャスター)

       

〈沖縄・球美の里〉いわき事務局

〒971-8162  福島県いわき市小名浜花畑町11-3 カネマンビル3F

Tel/fax 0246-92-2526

http://www.iwakisokuteishitu.com  


2013年05月01日 Posted by あはは星人 at 15:19Comments(0)★避難・疎開・保養情報

【保養情報】スキーを楽しみながら保養に来ませんか〜?

長野県の方から、とてもありがたい保養情報を頂きました。
スキーが大好きな方、ぜひ長野県で保養方々来てみませんか〜?




周辺スキー場:志賀高原 1時間30分、菅平 1時間30分、妙高高原 2時間、野沢温泉 1時間30分
(多くは4月中旬まで週末はオープン、関・燕温泉は5月連休まで営業)

要綱:
期間:3月下旬~4月中旬、5月の連休で春スキー滑走期間
宿泊:6畳と8畳二間提供予定、一度に最大2家族5人ぐらいまで可。
食事:2食提供予定(朝食はパン食、夕食は都合付かない時は外食か、自炊になります)。
入浴:シャワーのみ、車で5分に松代温泉・虫歌温泉等多数あります。

食事は自然食的で豪華ではありません。猫が3匹いますのでアレルギーの方は注意ください。ホストの個人的状況は直接電話で確認ください。国際交流ホームステイを今までもしてきましたので、それなりに快適なホームステーが提供できるかなとおもっています。

それではご縁でお役に立てれば光栄です。


【お問い合わせ】
栗林さま
電話・ファクス:026-278-8101/08051092623 
メール:hidekuri@gamil.com    


2013年03月27日 Posted by あはは星人 at 09:24Comments(0)★避難・疎開・保養情報