メルマガ登録・解除
あはは星人がゆく♪
powered by 携帯メルマガ メルモ

「疎開裁判賛同を表明するアクション」をスタートさせました。

6月に、郡山市の小中学生14名が郡山市を相手に訴えた「子供たちを安全な場所で教育せよ」を求めるふくしま集団疎開裁判は、まもなく裁判所の判断が下されます。



この裁判の結果いかんで、14人の子どもの命を守るにとどまらず、

福島県全体の子供たちの集団疎開が実現するばかりか、

被ばくの危険に晒されている子供たちの安全について

抜本的な見直しにつながります。



それだけに、この裁判に反対する政府・産業界の風当たりも強く、

そこで、「疎開せよ」という裁判所の判断をいかに多くの市民が

支持しているかということを世に知らしめる必要があります。



その取組みの一環として、ネット上で、日本中、世界中の人たちが

福島の子どもたちを救う裁判を支持していることを世に示そうと、

「疎開裁判賛同を表明するアクション」をスタートさせました。
http://bit.ly/p8VUXg



アピール文を読み、疎開裁判を賛同する方には

一番下の「賛同」の□にチェックを入れて、

賛同の意思表示をお願いいたします。



このあと、英語版、中国語版、韓国語版、‥‥と外国語版をアップし、

世界中の市民から賛同の意思を表明してもらう積りです。



皆さまから一人でも多くの賛同の声をここに表明していただくよう、

お願い申し上げます。




【あはは星人からのお知らせ】


【あはは星人メルマガ】このブログで書ききれない情報を提供していきます。
http://merumo.ne.jp/00579439.html

【カンパのお願い】
NPO『はっぴーあいらんど☆ネットワーク』へのご支援をお願い致します。
みなさまから頂いた支援金は、子どもたちの為に大切に大切に使わせて頂きますm(__)m

ゆうちょ銀行
名前 エヌピーオーハッピーアイランドネットワーク
記号 18220
番号 35204921

他の口座からのお振込み
【店名】八二八(読み ハチニハチ)
【店番】828
【預金種目】普通預金
【口座番号】3520492

●●●●注目です!●●●●
★「ガイガーFUKUSHIMA」が発売されました!
http://ahaha.365blog.jp/e394735.html

★◆ インタビュー取材ご協力のお願い ◆
http://bit.ly/pXKOsp" target="_blank"> http://bit.ly/pXKOsp


●●●●講演会・イベント●●●●

★中村文昭と学ぶ「人のご縁」塾一期生のブログ:12月16日(金)中村文昭流 『話し方』実践塾 in 郡山
http://bit.ly/vQuDY3

★12月23日、24日は!福島☆はっぴーあいらんど☆フェスティバル <郡山市>
http://ahaha.365blog.jp/e396611.html

●●●●避難・保養情報●●●●
★福島県の方必見!★北海道「疎開プロジェクト」-家賃25年3月まで無料
http://ahaha.365blog.jp/e395087.html

★沖縄で「牧場の暮らし夢キャンプ」♪
http://bit.ly/uuPPtN
2011年12月20日~2012年1月9日
申込〆切  12月10日〆切



同じカテゴリー(★具体的な一歩★)の記事画像
★拡散希望★8月4日、告訴受理一周年企画に結集ください!
一刻も早く具体策を~平野大臣に福島の被害者訴え
★「原発いらない福島の女たち」から全国の、世界中の皆さんへ
【速報】1万人突破!〜福島原発告訴団より〜
パブリックコメントを書こう!
【バス参加者募集】さようなら原発10万人集会!
同じカテゴリー(★具体的な一歩★)の記事
 福島県警察本部へ「福島第1原発の汚染水問題」で、告発します! (2013-09-03 09:13)
 ★拡散希望★8月4日、告訴受理一周年企画に結集ください! (2013-07-11 23:49)
 福島原発事故の厳正な捜査と起訴を求める大集会 (2013-05-23 10:21)
 一刻も早く具体策を~平野大臣に福島の被害者訴え (2012-11-30 11:12)
 福島原発事故による避難者の住宅支援新規受付を打ち切らないで! (2012-11-26 18:02)
 ★「原発いらない福島の女たち」から全国の、世界中の皆さんへ (2012-11-23 10:36)

2011年11月24日 Posted byあはは星人 at 10:04 │Comments(3)★具体的な一歩★

この記事へのコメント
あなたの意見は当然だとは思います
でも、なんだかなあ…疎開と簡単にいいますが、簡単にいかないこともありますよ。
Posted by はな at 2011年11月24日 11:11
はなさんへ

ほんとに簡単ではないと思います。。。。

でも、どうやったら子供たち、若者たちを守れるんだろう?

今、少しずつ健康被害のお話が僕の周りでも出始まっている・・・
赤ちゃんの心臓疾患、突然死、甲状腺の異常、体調不良・・・

どうしたらいいんだろうね?

みんないろんなことが絡み合っていてどうにも動けずにいる。
毎日子どもの笑顔を見て泣いているお母さんたちの気持ちを考えると、ほんと何かしないとね。
Posted by あはは星人あはは星人 at 2011年11月24日 11:32
東海村での内部被ばく検査の時、
「可能であれば、土壌汚染のないところへ避難したほうが良いですよ」とのお話がありました。

そして、次に、「でも、子供が受ける避難の精神的ストレスを考えると・・・、あとはご家族の判断で・・・。」

矛盾した説明でしたが、

疎開時の精神的ストレスの解消をどのように行うか、これを具体的に考え、実行できる体制(教育委員会も含む)を取れれば、期限を決めての集団疎開は、たいへん良いと思います。

不安は、その不安のもとから離れると、その不安はなくなると言います。
土壌汚染地から離れれば、放射能汚染を気にしなくて生活できます。
別の不安が起こることを予想し、その対策をとっておく。
そうすれば、保護者の方も、少しは安心できると思います。
Posted by 飯舘牛太郎 at 2011年11月27日 23:54
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。