メルマガ登録・解除
あはは星人がゆく♪
powered by 携帯メルマガ メルモ

セバスチアン・プフルークバイル博士との会談



2013年3月5 長野県松本市 JCF(日本チェルノブイリ連帯基金)で、避難された方々との交流会がございました。

1)セバスチアン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)
(物理学者・放射線防護協会会長)
物理学博士。1947年生まれ。ドイツ放射線防護協会会長。ボンにあるオット・フーク放射 線研究所会員、欧州放射線リスク委員会(ECRR)理事。1989 年以前、旧東ドイツの 学術アカデ ミーで医療関係物理学を仕事分野に。 1989 年以後、ドイツ統一の過程の中、暫定政府であった「円卓会議」で大臣として入閣。 統一直後、ベルリン市議会議員となる。チェルノブイ リ事故の諸結果についての専門家。数年間 にわたり現場調査。歪められた公式報告の再検査。 放射線防護協会(GfS)会長。放射線防護協会は、社会批判に徹した独立した協 会として 1986 年 末以来「放射線テレックス」(Strahlen-Telex)を出版し、(今年 4 月の 25 周年のものを含めて) 数回のチェルノブイリ会議を企画運営し、原子力発電所周辺における子どもの癌発病率の増加を 集中的に調査してきた。ウクライナやベラルーシ、ロシアな どの批判的科学者と長年の協力。 社会民主党・緑の党の連立政権に委託された、原子力発電所周辺における子どもの癌発病率増加 についての研究調査(KiKK 調査)における独立した専門家。

2)オイゲン・アイヒホルン教授(Prof. Eugen Eichhorn)
(数学者、日独平和フォーラム会長)
学歴:1980 年代までソフトウェア・エンジニア、その後、当時のベルリン工科専門大学(TFH Berlin)(現在、Beuth Hochschule für Technik Berlin、略:BHT)でエンジニア や数学者の数学 的基礎教育の教授。数学・物理学・化学学部の学部長として(1997 年~2005 年)「ボロニャ・プロ セス」に携わる。2010 年定年退職。
Concerned Citizen ("CC")としての活躍:1960 年代末から多彩にわたった市民活動。例えば、One World(ラテンアメリカや南アフリカなど)、人権(ブラジル、アルゼンチ ン)、旧西ドイツの反 原発運動、特にヴィルとヴァケルスドルフにおいて。1980 年代の平和運動に参加。 1987・88 年、小田実の音頭取りではじまった日独平和フォーラムの設立 者の 1 人。多くの討論会 やシンポジウム、展覧会(もう一つの日本、沖縄など)。ドイツと日本の市民運動との間の交流。 20回近く来日。
現在日独平和フォーラムの中心的プロジェクト:2001 年以来、兵役義務拒否者(KDVer, Zivis と も呼ばれている)や「外国におけるボランティア社会年」(FSJI)および「外国におけるエコロ ジー年」(FOJ-I)などのプログラムでドイツの若者を日本の施設に派遣。 (日本駐在ドイツ大使 のシュタンツェル博士の後援。)2004 年以来毎学期:BHT ベルリンのヒロシマ・ナガサキ・ピー ススタディコースで軍事的・民間的「原子村」について、ヒロシ マ・ナガサキの記念(原爆文学 など)について、平和文化の前例(秋葉市長のヒロシマ平和宣言 2001 年)についての講義。 ベルリンの「世界平和奉仕」協会の理事会の一員。



同じカテゴリー(★お薦め動画★)の記事画像
IAEAとICRP、国際原子力マフィアによる被曝強制の歴史
「原子力安全に関する福島閣僚会議」に関する地元説明会について
『崎山比早子氏講演会in猪苗代』の映像をUPしました。
【必見動画】放射能被害はなぜ隠蔽されるのか~フェルネクス博士
絶対原子力戦隊スイシンジャー
『真実はどこに?』- WHOとIAEA 放射能汚染を巡って
同じカテゴリー(★お薦め動画★)の記事
 IAEAとICRP、国際原子力マフィアによる被曝強制の歴史 (2012-12-18 11:33)
 「原子力安全に関する福島閣僚会議」に関する地元説明会について (2012-12-14 09:00)
 『崎山比早子氏講演会in猪苗代』の映像をUPしました。 (2012-12-13 22:33)
 甲状腺検査_福島で広がる不安_報道ステーション (2012-11-22 14:39)
 NHKスペシャル 東日本大震災 「追跡 復興予算19兆円」 (2012-09-13 00:59)
 【必見動画】放射能被害はなぜ隠蔽されるのか~フェルネクス博士 (2012-09-02 14:33)

2013年03月06日 Posted byあはは星人 at 11:14 │Comments(0)★お薦め動画★

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。