メルマガ登録・解除
あはは星人がゆく♪
powered by 携帯メルマガ メルモ

入寮生募集のお知らせ(2015年度・2016年度)と6月6・7日に入寮相談会

入寮生募集のお知らせ(2015年度・2016年度)と6月6・7日に入寮相談会を実施します
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/?p=1443




◆【2015年度(6月以降)の入寮生募集のお知らせ】
募集人数:2名(女子)
対象:小学3年生~中学2年生まで
受付期限:随時(学年によっては難しい場合があります)
※ 条件等の詳細はご事情をお聞きかせいただいた上、お伝えします。

◆【2016年度(4月)の入寮生募集のお知らせ】
募集人数:5名
対象:小学3年生~中学3年生まで
受付期限:2016年1月末。

 入寮までの流れ(だいだいの帯)

● 現地見学会(第1回目) 9月19~22日予定(参考 昨年の現地見学会のチラシ) 

    ↓

● 現地見学会(第2回目) 11月予定

    ↓

● 面  談          1月中旬 

    ↓

● 入寮決定・入寮契約の締結 1月下旬 

※ 個別の現地見学会も随時受付、可能です。

※ 条件等の詳細はご事情をお聞きかせいただいた上、お伝えします。



◆今週末、入寮相談会を6月6日と7日に、いわき市と二本松市で行います。
イベント名:【2015年夏 ほよ~ん相談会】
6月6日(土)13時~17時

浜通り相談会(いわき)
会場:いわき市生涯学習プラザ
いわき市平字一町1番地ティーワンビル内
電話 0246-37-888 
地図    

6月7日(日)11時~15時
中通り相談会(二本松)
会場:二本松市市民交流センター
二本松市本町2丁目3−1
電話 0243-24-1215 
地図 

入寮を希望される方、ご検討したい方、相談したい方、どうぞお気軽にお問合わせください。
問い合わせ先:電話 080-4716-2011(事務局専用電話)  


2015年06月04日 Posted by あはは星人 at 08:08Comments(0)★避難・疎開・保養情報

【保養】 夏の相談会(6/6,7)

 



 6月6日(土)13時-17時
 浜通り相談会(いわき)
 会場:いわき市生涯学習プラザ
 いわき市平字一町1番地ティーワンビル内

   *

 6月7日(日)11時-15時
 中通り相談会(二本松)
 会場:二本松市市民交流センター
 二本松市本町2丁目3−1

http://311ukeire.net/cms/?p=370  


2015年05月08日 Posted by あはは星人 at 07:58Comments(0)★避難・疎開・保養情報

【必見】自民党の本音「福島の不幸でやめなれない」

すごい体験をしました。

こちらの記事を掲載したら削除されました。

削除初体験!

すごいね〜!

ここまで福島県民をバカにしている自民党!


このブログも消されるのかな?



  


2015年04月16日 Posted by あはは星人 at 22:46Comments(0)★日記★

2月22日(日)に、保養と移住の「福島県北相談会」@福島市を開催


※クリックすると詳細がみれます。

311受入全国協議会では、2月22日(日)に福島市で、保養と移住の相談会を開催します。



全国から20団体以上が相談ブースを設けます。法律相談、健康相談もあります。

福島市での開催ですが、宮城県など近隣県からのご参加も歓迎!

子どもスペースをつくって自由に遊んでいただけるようにしますので、子連れ参加オッケー!

来場無料、予約不要、お気軽におこしください。

貴重な機会です。お一人でも多くの方に情報が届きますよう、宣伝拡散の協力をよろしくお願いします。



【2月22日(日)福島県北相談会】
[時間]
 11:00〜16:00
[会場]
 福島市市民活動サポートセンター
 http://www.f-ssc.jp/?cat=5
 福島県福島市大町4-15 チェンバおおまち3F
[ブース参加予定団体]
・みみをすますプロジェクト(北海道)
・ほっこりプロジェクト(北海道)
・山の家「きょうどう」(北海道)
・絆の架け橋ネットワーク(山形)
・hand to hand project kawamata(福島)
・こめらの森/南会津(福島)
・カラッポのおうちの会(埼玉)
・日本YWCA(東京)
・福島子ども保養プロジェクト@練馬(東京)
・いのち・むすびば(山梨)
・まほろばの家(山梨)
・まつもとこども留学(長野)
・子ども信州ネット(長野)
・ふくしま・かなざわキッズ実行委(石川)
・ふくしまいせしまの会(三重)
・びわこ123キャンプ(滋賀)
・さよなら原発ママパパ美作ネット(岡山)
・子ども未来・愛ネットワーク(岡山)
・FC保養実行委(広島)
・東そのぎロハス養生プロジェクト(長崎)
・こころとからだの相談室
・SAFLAN法律相談
=2月10日現在予定

  


2015年02月12日 Posted by あはは星人 at 18:01Comments(0)★避難・疎開・保養情報

☆拡散希望・追加募集します♪まつもと・ちくほく共同保養プログラム

☆拡散希望・追加募集します♪☆




2014年8月3日(日)~8日(金)に、まつもと・ちくほく共同保養プログラムを開催します!

福島の子どもたち~!自然豊かな信州・松本市に遊びにおいで~♪

ここ松本市の四賀地区では、福島の子どもたち8人が留学しており、安心・安全な寮で共同生活をし、小学校、中学校に通ってます。

ぜひ、子ども留学の子どもたちと交流しながら、いっぱいあそびませんか~?

一緒に、心も体もリフレッシュしよう~♪

◯保養プログラム名  まつもと・ちくほく共同保養プログラム

◯都道府県      長野県

◯募集締め切り    8月1日(金)定員が集まりましたら締め切りとなります。また、参加費振込みの確認を持って正式な参加といたします。

◯受け入れ地域   長野県松本市四賀地区 及び 筑北村

◯受け入れ期間   2014年8月3日(日)~8日(金)

◯参加対象     小学生・中学生 ※親子参加可(お問合わせください)

◯受け入れ人数   20名

◯受け入れ団体   NPOまつもと子ども留学基金

http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/

◯協力団体 NPO里山保全再生ネットワーク、筑北ファン倶楽部、四賀ゆうきの里の会、はっぴーあいらんどネットワーク(福島)

※この保養プログラムは一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストの助成を受けて実施されます。
http://www.actbeyondtrust.org


開催概要
日時 2014年8月3日(日)~8日(金)(5泊6日)

集合・解散場所:福島県内(バスによって移動します)
参加者:福島県内在住の小中学生 20名
行き先:長野県松本市四賀地区、筑北村
参加費:小学生 10,000円 中学生 12,000円
(集合場所までの交通費は自己負担)

【活動内容】
松本市四賀地区と筑北村の美しい里山のなかですごす保養プログラムです。

前半:四賀地区 クラインガルテン
日程 8月3日~4日(2泊)
内容 里山の生物観察会、畑、田んぼ体験 等

後半:筑北村 とくら沢ふれあい広場 コテージ&キャンプ
日程 8月5日~8日(3泊4日)
内容 交流キャンプ、森遊びフィールドワーク、バーベキュー、
渓谷での沢遊びなどの自然体験、アルプスあずみの公園での環境教育体験等

●申込方法及び申込先
参加者全員の
①氏名、ふりがな、性別、生年月日、学年 保護者名
②郵便番号、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス
③特記事項(食物や花粉アレルギー、常備薬など 具体的に書いてください)
④簡単な自己紹介以上を必ず記入したメールを下記事務局にお送りください。

メール:matsumoto.relief@gmail.com (うえき)

●不明な点、訊ねたい事があれば、お気軽に事務局にお問い合わせ下さい。
080-3753-0920(うえき)

☆応援のお願い☆
消費税の増加と貸切バスの改訂等があり、この保養プログラムの資金が現在、約15万円不足しております。
ひとりでも多くの子どもたちを思い切り外で遊ばせてあげたいと思っておりますので、どうぞ資金的なご支援、応援をよろしくお願い致します。 理事長 植木宏

◯振込先◯
【ゆうちょ銀行】
【店名】 〇五九店
【口座番号】 当座預金 0101451
【口座名】 まつもと子ども留学基金 (マツモトコドモリュウガクキキン)

【ゆうちょ口座間の振込の場合】
【ゆうちょ銀行】 記号 00590 5
【番号】 101451
【口座名】 まつもと子ども留学基金 (マツモトコドモリュウガクキキン)
【郵便振替】 口座 00590-5-101451 加入者名 まつもと子ども留学基金
  


2014年07月27日 Posted by あはは星人 at 08:26Comments(0)★避難・疎開・保養情報

大人気保養プログラム!まつもと・ちくほく共同保養プログラム

福島の子どもたち〜!自然豊かな信州・松本市に遊びにおいで〜♪
ここ松本市の四賀地区では、福島の子どもたち8人が留学しており、安心・安全な寮で共同生活をし、小学校、中学校に通ってます。

ぜひ、子ども留学の子どもたちと交流しながら、いっぱいあそびませんか〜?
一緒に、心も体もリフレッシュしよう〜♪




保養プログラム名  まつもと・ちくほく共同保養プログラム
都道府県      長野県
募集締め切り   7月25日(金)※定員が集まりましたら締め切りとなります。
          また、参加費振込みの確認を持って正式な参加といたします。
受け入れ地域    長野県松本市四賀地区 及び 筑北村
受け入れ期間    2014年8月3日(日)〜8日(金)
参加対象      小学生・中学生
受け入れ人数    20名

受け入れ団体    NPOまつもと子ども留学基金
協力団体      NPO里山保全再生ネットワーク、筑北ファン倶楽部、
          四賀ゆうきの里の会、はっぴーあいらんどネットワーク(福島)

※この保養プログラムは一般社団法人アクト・ビヨンド・トラストの助成を受けて実施されます。
http://www.actbeyondtrust.org


開催概要
日時 2014年8月3日(日)〜8日(金)(5泊6日)

集合・解散場所:福島県内(バスによって移動します)
参加者:福島県内在住の小中学生 20名
行き先:長野県松本市四賀地区、筑北村
参加費:小学生 10,000円 中学生 12,000円
(集合場所までの交通費は自己負担)

【活動内容】
松本市四賀地区と筑北村の美しい里山のなかですごす保養プログラムです。

前半:四賀地区 赤怒田公民館
   日程 8月3日~4日(2泊)
   内容 里山の生物観察会、畑、田んぼ体験 等

後半:筑北村 とくら沢ふれあい広場 コテージ&キャンプ
   日程 8月5日~8日(3泊4日)
   内容 交流キャンプ、森遊びフィールドワーク、バーベキュー、
      渓谷での沢遊びなどの自然体験、アルプスあずみの公園での環境教育体験等

●申込方法及び申込先
参加者全員の
①氏名、ふりがな、性別、生年月日、学年 保護者名
②郵便番号、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス
③特記事項(食物や花粉アレルギー、常備薬など 具体的に書いてください)
④簡単な自己紹介以上を必ず記入したメールを下記事務局にお送りください。

 メール:matsumoto.relief@gmail.com (うえき)

●不明な点、訊ねたい事があれば、お気軽に事務局にお問い合わせ下さい。
 080-3753-0920(うえき)
  


2014年07月02日 Posted by あはは星人 at 12:00Comments(0)★避難・疎開・保養情報

心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)



心援隊☆夏休み 疎開・保養プロジェクト(大阪)

2011年3月の東日本大震災及び、福島の第一原子力発電所の事故から3年以上が過ぎた現在も、
東北や関東では未だ多くの方が不安な生活を余儀なくされており、
わが子の健康や未来を不安に憂う親御さんも少なくありません。

そんな不安から開放され、親子で心身の健康を取り戻し、
安全な地への避難・移住への第一歩としてもらうため、
この夏休みも『疎開・保養プロジェクト』を開催いたします!

プロジェクト中は、自然の中で思い切り遊ぶことができたり、
子ども達の喜ぶイベント、先輩移住ファミリーとの交流など、
色々なプログラムをご用意してお待ちしております。

「とにかく子どもを守りたいねん!」その思いだけで活動を続けています。
短い期間ではありますが、きっと安心して楽しく保養して頂けると思います。
どうぞご参加ください。


1) 実施期間
2014年8月2日(土)~8月9日(土) 7泊8日


2) 基本滞在場所
光照寺(大阪府大阪市)
忍頂寺スポーツ公園・竜王山荘(大阪府茨木市)


3) 募集定員  5家族程度
※相部屋をお願いすることがあります。ご協力をお願いします。


4) 募集対象者
東北及び関東の放射能への不安を抱える子どもさんのいるご家族
全日参加可能で、全てのプログラムに原則参加可能な方
※西日本などへの移住を検討されている方を優先いたします


5) 参加費について  
①交通費は自己負担でお願いします。

②プロジェクト期間中の宿泊費・食費等は基本無料です。
※滞在期間中、独自で行動された場合の交通費などについては自己負担ください。

③期間中、楽しんでいただける様に企画したイベントに多少の参加費をいただく場合があるかもしれません。ご了承ください。


6) プログラム(予定)
・歓迎イベント・竹とんぼ大会・遠足
・たこ焼きパーティー・リラックスタイム・温泉
・在阪避難者さんとの交流会・エコー検査
・避難相談、移住相談(随時)
(イベントの中には、開催できなくなるものもあることをご了承ください)


7) 申込方法
※全て必須項目です。不足していると選考できない場合もあります。
※選考のため、担当者から全員にお電話をさせていただきます。必ず連絡可能な電話番号をご記入ください。
①参加者氏名(フリガナ)、年齢(就学児は学年も)、性別(参加者全員)
②住所、TEL、メールアドレス(PCからのメールを受取可能なもの)
③参加しようと思う理由(お子様の健康状態、自宅付近の環境など)
④避難・移住についての考えなど(移住を希望する期間や地域など)
⑤相部屋が可能かどうか
⑥その他特記事項(アレルギー・既往歴・障がい等・その他)
以上を下記の連絡先にご連絡ください。
(メールの場合件名に「夏休み疎開・保養プロジェクト申込み」とお書きください)


8) 応募締切   6月30日(月)
※先着順ではありません。
応募者が定員を超えた場合は、参加される理由・家族構成などを考慮の上選考させていただき、決定させていただきます。


☆個人情報について
・プロジェクト中に写真や動画の撮影をします。
撮影したものは、今後の活動報告や資料として、報告書・HP・ブログ等に掲載させていただきますのでご了解をお願いします。
※個人情報につきましては、写真も含めて、第三者等への流出は致しません


◆お問合せ
復興支援NGO「心援隊」
「心援隊☆夏休み疎開・保養プロジェクト」担当 夏村ゆみ
電話:06-6476-9050 FAX:06-6476-9051
メール:info@shinentai.net
HP:http://www.shinentai.net/
ブログ:http://ameblo.jp/shinentai/

主催:NGO心援隊
協賛:光照寺・竜王山荘・森源太
協力:みのおアジェンダ21の会・みのおエコクラブ・日本志喜彩塾・チームまっぺあ

☆チラシはこちらから
http://www.shinentai.net/wp-content/uploads/2014/06/sokai.14natsu1.pdf  


2014年06月29日 Posted by あはは星人 at 20:45Comments(0)★避難・疎開・保養情報

【拡散希望】うけいれ全国主催 2014夏*ほよ〜ん相談会

【拡散希望】うけいれ全国主催 2014夏*ほよ〜ん相談会




6月14日(土)福島県北相談会(二本松)
13:30~17:00
会場:二本松市市民交流センター
 
6月15日(日)福島県南相談会(白河)
11:00~15:00
会場:白河市高山コミュニティセンター
-------------------------------------------------------------------------------------------

【ブース参加団体・担当者】と交流会出欠

みみをすますプロジェクト(北海道) 
札幌協働福祉会 “山の家きょうどう”(北海道) 
フクシマとつながる苫小牧(北海道) 
ほっこりプロジェクト(北海道) 
福島の子どもたちを守る会・北海道(北海道) 
支える薬剤師ネット(岩手)=14日のみ 
やまがた絆の架け橋ネットワーク(山形)=14日のみ 
日本基督教団東北教区放射能問題支援対策室いずみ(宮城) 
森の遊学舎/こめらの森・南会津(福島) 
りょうぜん里山がっこう/佐渡へっついの家(福島/新潟) 
新潟保養プロジェクト(新潟)=14日のみ 
長瀞やなせ"カラッポのおうち"(埼玉) 
福島の子どもたちとともに・世田谷の会(東京)=14日のみ 
福島こども保養プロジェクト@練馬(東京) 
日本YWCA(東京/全国) 
フェリス女学院大学ボランティアセンター(神奈川)=15日のみ 
いのち・むすびば(山梨) 
4月3日のひろば(山梨) 
子どもたちを放射能から守る信州ネットワーク(長野) 
311こども石川ねっと(石川) 
殿下未来工房(殿下被災者受入委員会)(福井) 
東海保養ネット(東海) 
KIプロジェクト(岐阜) 
光の帯ネットワーク(岐阜) 
日進まちづくりの会(愛知) 
おいでん!福島っ子!運営委員会(愛知) 
ふくしまいせしまの会(三重) 
宝塚保養キャンプ実行委員会(兵庫) 
子ども未来・愛ネットワーク(岡山) 
さよなら原発ママパパ美作ネットワーク(岡山) 
とっとり震災支援連絡協議会(鳥取) 
快医学手当て隊 
みみすま・こころとからだの相談室

【会場運営スタッフ】

14日
(Earth Angels=二本松) 
(hand to hand project kawamata)
(かふぇぷらす郡山)
(はっぴーあいらんど☆ネットワーク)
(こどけん) 
(セーブ・ザ・チルドレン)
(北海道・個人) 

15日
(白河有志)
(はっぴーあいらんど☆ネットワーク)
(こどけん)
(北海道・個人)  


2014年06月13日 Posted by あはは星人 at 08:22Comments(0)★避難・疎開・保養情報

まつもと子ども留学の記者会見をしました。

3月10日午後3時より、当法人は松本市役所において記者会見を行いました。
4月からの開始に当たり、現時点でお子さん8人の参加が予定されていることなどを発表しました。
また、ちばてつやさん(漫画家)、松武秀樹さん(音楽家)も記者会見にご参加戴き、本プロジェクトの支援についての熱い思いを話されました。

子ども留学基金記者会見


NPO法人まつもと子ども留学基金
http://www.kodomoryugaku-matsumoto.net/

『まつもと子ども留学基金とは』

2011年3月の東日本大震災は、それまでの私たちの暮らしや認識を一変させました。2年以上の歳月が経過した今も、不透明な状況の中で、育ち盛りの子どもたちにとって制約の多い暮らしが続いていることが危惧されます。

「まつもと子ども留学基金」は、被災地の子どもたちが安心して生活し、遊び、勉強する場所づくりを目指して、信州松本の地で留学プロジェクトを立ち上げました。

自然の恵み豊かな長野県松本市の北部四賀地区。ここに寮を設けて生活し、地元の学校に通学します。

寮にはスタッフが常駐し、子どもの身の回りの世話をします。また、保護者の方は勿論、地域の人たちとの関わりを大切にし、地域と一緒になって子どもたちを育てていきたいと考えています。


<まつもと子ども留学>「松本モデル」が全国に広がって欲しい12/17菅谷昭松本市長会見
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3471.html  


2014年03月11日 Posted by あはは星人 at 20:21Comments(0)★避難・疎開・保養情報

「311後の報道・情報~あの時人々はどう動いたか?」

「311後の報道・情報~あの時人々はどう動いたか?」



311後の報道・情報のあり方、そしてそれをどのように人々が捉え、どの様な行動に結びついたかについて、皆さんと検証していきたいと思っております。

日時:2014年3月2日(日) 17時開場 17時半開始
会場:銀河のほとり(須賀川市滑川字東町327-1)
モデレーター:岩田 渉
※参加費 1500円(夕食・資料代込み)

報道機関が流した“虚偽“に加え、政府・行政、学者が流す情報と、それを基にして人々が行動をとった結果が、現在の状況を作り出しています。

どのような虚偽情報であれ、誰もそれに従わなければ、現在のような状況が創りだされることはありません。
現状は人々と、政府・行政・専門家・メディアのコラボレーションによって成立しています。

参加者PC持参で、google spreadsheetで時系列表を作成しながら、あの時、自分たちが取った行動、そして周辺の取った行動を検証しながら進める、参加型のワークショップを予定しています。

パソコンお持ちでない方には資料が用意されてますので振り返りながら参加下さい
当時の新聞切り抜きや手帳、日記などがお持ちの方はぜひ持参下さいませ

現地に来られない方は、是非インターネットチャンネルのUstreamにてご参加ください!
当日の視聴ページは下記URLになります。
https://sites.google.com/site/311journalistic/

ご家族やお友達、お知り合いの方へのイベント情報の拡散のご協力もあわせてお願い致します。

参加申し込みは
mail to  happy.island311@gmail.com

FBからの参加申し込みは
https://www.facebook.com/events/590714307678500/?ref_dashboard_filter=upcoming&source=1

主催:はっぴーあいらんど☆ネットワーク
問い合わせ:鈴木真理(090-5237-4312)
参加申し込み:mail to  happy.island311@gmail.com
  

2014年02月25日 Posted by あはは星人 at 18:07Comments(0)★イベント★