メルマガ登録・解除
あはは星人がゆく♪
powered by 携帯メルマガ メルモ

【必見】【重要】【拡散希望】いろんな方々の見解のまとめ

Twitterで【@cmk2wl】が、いろんな方々のお話しを分かりやすくまとめて下さってます。
https://twitter.com/#!/cmk2wl
Twitterをされている方は是非フォローし、参考にしてみてください。




【チェルノブイリへのかけはし野呂美加さん】
★野呂美加さん 0.07-0.08 μSv/h という単位からチェルノブイリでは子供たちに影響が出た。(心臓が痛くなるなど) 子供たちが急に目が見えなくなり、6年後に廃村になった地域の数値 0.412 μSv/h。(セシウムのみのシンチレーションカウンター)

★野呂美加 20ベクレル(体重1キロあたり)を超えたら保養に出した方が良い。50ベクレルを超えてしまうと、転地療養でも治しにくい。

★野呂美加 まず、落ち着いて自分の子どもを守ること。線量の低いところの人達が「これは危険!」と運動することで、身動きができない福島の人達にもそれがきっと伝わります。

★野呂美加 関東でも甲状腺に異常が出ている子どもが出ているが、放射能との関連は分からないと言われる。群馬でも異常が出ている。早期の段階で、療養、治療をすれば癌にならなくて済むのに、そのまま放置されている。

★野呂美加 チェルノブイリの汚染地を訪ねて、この世のすべてのものが無価値になるということを見たときに、物質的には欲しい物がなんにもなくなりました。どんなに高価なアクセサリーでも、プルトニウムがついたら台なし。家も、もとには戻れない。

★野呂美加 今、福島関東で起こっていることは大変なこと。子ども達の寿命が関西とは違ってくる。医師も政府から抑えられ、教師も抑えられ、動いていない。

★野呂美加 20ベクレル(体重1キロあたり)を超えたら保養に出した方が良い。50ベクレルを超えてしまうと、転地療養でも治しにくい。

★野呂美加 まず、落ち着いて自分の子どもを守ること。線量の低いところの人達が「これは危険!」と運動することで、身動きができない福島の人達にもそれがきっと伝わります。

★野呂美加 プールの水を抜いた後の掃除、泥の中に18000ベクレルあったのに平気で子どもに掃除をさせていた。親たちも何も言わない。子どもの安全を考えていないし、無知な教師も多い。

★野呂美加 関東でも甲状腺に異常が出ている子どもが出ているが、放射能との関連は分からないと言われる。群馬でも異常が出ている。早期の段階で、療養、治療をすれば癌にならなくて済むのに、そのまま放置されている。

★野呂美加 老後のためにお金をためることだとか、年金だとか‥。そんな未来が自分に訪れないことがわかる。おもしろい映画をみても、お笑い番組をみても、心の底から楽しいと思えず、「生きているのにすでに死んでいる」。戦場を見た人はきっと同じかもしれない。

★セシウムとヨウ素が燃料棒全体の2%にすぎないのなら、セシウムのみのシンチレーションカウンターで 0.08μSv/h から健康被害が出るという野呂美加の話は、迫真性がある。福島原発の場合はMOX燃料で、チェルノブイリのウラン燃料よりα核種が多い。




【バズビー博士】
★バズビー博士 日本の人たちはカルシウム錠剤を飲むことです。健康食品売り場でこの錠剤を買えます。これが実際にストロンチウムとプルトニウムの影響を防止出来るのです。非常に簡単な方法で可能なのです。

★バズビー博士 福島の放射能が東京にきていることは自分ではかって確認したから間違いない。東京の人口は多いので、健康被害は多くの人に出る。今後10年であなたがたはそれを見ることになる。。

★バズビー博士 (スウェーデンの汚染から)予測可能なのです。福島原発から200キロ圏で二十万人が放射能により癌を発症するでしょう。 (ガンだけで)

★バズビー博士 まず第一に、福島原発の被害を受けている日本人は、疎開すべきです。東京より南へです。

★バズビー博士 ソ連では努力していました。福島の当初は誰もがチェルノブイリのようにはならないと言っていた。ソ連の専門家は、チェルノブイリから人々を素早く避難させました。本当に最善を尽くしました。ここで見えるのが、犯罪的な、膨大な人々を犠牲にして、核の未来を守る事を追求したのです。

★バズビー博士 福島原発事故の被害を受けている日本人は、疎開すべきです。100人以上の東京の人達が、私にメールして「どうすればいいですか」と。私は疎開しなさいと言いました。

★バズビー博士 湾岸戦争症候群の退役軍人の子供達には、先天的異常が出ている。精子に影響がでて、子供達に影響が出る。彼らが子供を持つことは出来ますが、もし、その子供に障害がでたら原因はウラン(劣化)なのです。この影響が子孫に出ないようにするには、彼らが子供を作らないことだけなのです

★【重要】バズビー博士 我々は福島原発が、おそらく2000トンものウランを持っていたのを思い出さなければなりません。チェルノブイリでは200トンでした。そのうち50トンが爆発したのです。本源がもっと多いのです。大量のウランなのです。

★バズビー博士 セシウム濃度はその他の核種による汚染を示すものにすぎないということです。つまり、ストロンチウム・プルトニウム・トリチウム・そして最も重要なものとしてウラン、これらの核種による汚染です。




【広瀬隆さん】
★【最重要】広瀬隆 3万7000Bq/㎡。この放射能の高さは、放射線管理区域において、放射線防護服の着用が必要とされる危険地域である。(杉並区の広瀬の家の庭は1万7160Bq/㎡ 近くの公園は9万2235Bq/㎡)

★広瀬隆 原子力プラントから発生する廃棄物の場合は、放射性セシウムについては100Bqを超えれば、厳重な管理をするべき「放射性廃棄物」になるのだ。

★広瀬隆 放射能の汚泥・汚染土壌・瓦礫・焼却灰は、人体にきわめて有害なのである。日本全土に降り積もった放射能の汚染物を、すべて東電本社の社屋に投げこむぐらいの行動を起こす必要があるのではないか。そして、投げこんだあと、「それは無主物だ」と、怒鳴りつけてやらなければ気がすまない。

★広瀬隆 何も知らない子供達を被曝させる事は、親として、私たち大人として、してはならない事だ。

★広瀬隆 環境省、厚生労働省、文部科学省、農林水産省の大臣と官僚たちがやっていることは、もう、メチャクチャである。国民がこのような不始末を認めれば、日本列島には放射性廃棄物と呼ばれない放射性物質が散乱して、その自然界で採取される食品の放射能汚染はますます長期化して、深刻になる。

★広瀬隆 a線、β線、γ線、中性子線、いずれも人体の細胞を作っている原子や分子を構成する電子をバラバラにする。

★広瀬隆 8000Bqを超え100000Bq以下は濃度に応じて住宅地から距離を取れば、通常の汚泥を埋め立て処分する管理型処分場の敷地に仮置きができるとした。さらに、放射性セシウム濃度が8千Bq以下の焼却灰は「一般廃棄物」扱いで管理型処分場での埋め立て処分をしてよいことになった。

★広瀬隆 これからも広島、長崎関係者は動員される。彼らには要注意。重松はチェルノブイリ汚染被曝現地を訪れながらまったく放射能被害がないかのような報告をし、全世界から怒りを買った。長崎・広島というと安心、という日本人のイメージを利用している。

★広瀬隆 文部科学省のヘリコプターによる調査は高度300メートル。土を測ってるんじゃないんです。机上の計算です。出鱈目ですよ。こんなの信用しちゃいけないんです。




【鎌仲ひとみ監督】
★「喫煙者の発がん率と比べれば」という意見もあるが、では、放射性物質の影響が大きい小さな子どもたち、妊婦たちはどうだろう。彼らが、微量の放射性物質を浴び続けるとどうなるのか、悲劇はすでに始まっている。「一刻も早く、福島から、子どもたち、妊婦たちを避難させたい」と鎌仲監督。

★反原発デモに、16,000人が集まっても、ほとんどのメディアが報道しない。電力会社は、大手メディアにとっての最大のスポンサーだからだ。鎌仲監督は、「プロパガンダの罠にはまらず、自分で調べて、考えて」と訴えた。

★「喫煙者の発がん率と比べれば」という意見もあるが、では、放射性物質の影響が大きい小さな子どもたち、妊婦たちはどうだろう。彼らが、微量の放射性物質を浴び続けるとどうなるのか、悲劇はすでに始まっている。「一刻も早く、福島から、子どもたち、妊婦たちを避難させたい」と鎌仲監督。


【小出裕章氏】
「ホットパーティクル」の毒性 はとりわけ強く、微粉末1、2個が肺の中に入るだけで肺ガンを起こす(京大原子炉実験所助教 小出裕章  http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/kouen/Pu-risk.pdfの4ページ目)




【スターングラス博士】
★スターングラス博士 「もう一つ重大な話をしよう。ストロンチウム90から出来るのが、イットリウム90だ。これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。すい臓というのは、糖尿をおさえるホルモン、インスリンを分泌しているから、ここに異常が出ると糖尿病になる。」

★スターングラス博士 日本では戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。50年代の終わりにドイツの動物実験で発見されたのが、ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、骨から肺、心臓、生殖器などに移動するのだが、すい臓に最も高い集中見られたのだ

★スターングラス博士 「スリーマイル、チェルノブイリ、これらは、世界中に多大なるインパクトを与えたのだ。我々はチェルノブイリが起きた翌年のアメリカでも、統計データとEPAによるストロンチウム、ヨウ素、セシウムの測定量から、数万人規模で過剰な死者が出たと考えている。」

★スターングラス博士 「赤ちゃんもそうだし、お母さんのお腹の中いる胎児のときからだ。それに、脳みそは10代まで発達し続ける。だからそこに問題が生じると、普通の読み書き、理解する力、計算する力、全体的に影響を受けてしまう訳だ。健康な脳みそをつくる過程でだよ。」

★スターングラス博士 「これは、本当に伝えなければいけないことだ。繰り返すが、ストロンチウム90やヨウ素131は自然には存在しないもので、ウランやプルトニウムが核分裂を起こしたときのみ、産まれるのだ。」





【エブゲーニ・ペトラシェービッチ】
★エブゲーニ・ペトラシェービッチ 僕たちはみな、チェルノブイリによって刻印を押された無実の囚人である。このような生徒はベラルーシに50万人いる。僕たちはストロンチウムに汚染されたリンゴを食べ、セシウム入りの牛乳を飲み致死量の放射能に汚染された土の上を歩き、そこで遊んでいる。

★エブゲーニ・ペトラシェービッチ 人間の命はなにものにもまさり尊いと言いながら、農民の子どもが自分の血でのどを詰まらせている。ナローブリャの男の子が授業中に気絶する。ブラーギンでは先生が女の子の出血を止められないでいる。

★エブゲーニ・ペトラシェービッチ 診療登録されたカルテのデータは、心の痛みなしには読むことができなかった。エレナ・D 1985年生まれ 線量 396レム アンドレイ・G 1985年生まれ 線量 788レム 女の子や男の子が百名以上も、甲状腺の被ばく線量の数字とともに並んでいる。

★エブゲーニ・ペトラシェービッチ 残忍なチェルノブイリは、何万人もの人々の命を奪い取去り、何万人の子どもを病院や診療所にたたきこんだ。テレビで親たちが最後の望みをかけて、骨髄移植のために息子や娘を国外につれていく費用を協力してほしいと訴える様子は見るに堪えなかった。




【エドウィン・ライマン博士】
★【重要。福島はMOX燃料】エドウィン・S・ライマン博士 炉心全部をMOXとした場合、潜在癌死の数は161~386%、急性死の数は60~480%高くなる。

★エドウィン・ライマン博士 これらの事象(事故)は非常に激しいもので、ヨウ素131、セシウム137などの揮発性及び半揮発性の放射性核種だけでなく、溶融から簡単に気化することのないランタン140や、アクチニドの核種(プルトニウム等)などの低揮発性の放射性核種も放出される可能性がある

★エドウィン・S・ライマン博士 事故後の癌致死数は、MOX燃料フル装荷の場合で、非MOX型の5倍になると指摘されている。ちなみにあのチェルノブイリはウラン燃料である。

★ライマン博士 福島原発は、二酸化プルトニウム(PuO2)と二酸化ウラン(UO2)とを混ぜたMOX燃料を装荷した原発だったことが注目を集めていた。MOX燃料の使用は、MOXを装荷しない原発事故と比較して、大量の放射性ガスを齎す重大事故を一般的に引き起こす危険性が懸念されており…。

★ライマン博士 炉心に占めるMOXの割合と放出されるアクチニドの割合により、原子力発電所の半径110キロメートル以内の地域で、何千、何万という数の潜在的癌死が余分に齎されることになる(この距離は計算上の便宜の為に選ばれたものでありこの地域の外でも影響が生じることは言うまでもない)

★ライマン博士 炉に原子炉級MOXを装荷すれば、日本の公衆に対するリスクが大幅に増大する。炉心の4分の1にMOXを装荷した場合、低濃縮ウランだけの炉心の場合と比べ、重大事故から生じる潜在的癌死は42~122%、急性死は10~98%高くなる。数値の幅は、アクチニドの放出割合。




【高木仁三郎氏】
★高木仁三郎bot軽い被曝の急性障害は、吐き気、めまい、脱力感、白血球の減少などです。





【健康被害関連】
★小児科医 山田真 日本では食品の安全基準を500ベクレルとしていますが、ドイツでは子どもが4ベクレル、大人が8ベクレルで、それ以上は危険としています。

★人間は、呼吸し水を飲み、食物を食べる。海草や野菜、魚や肉や牛乳を口にすることによって、濃縮の濃縮が起こる。特に胎児には多様な元素が必要であるから、体内に入った放射性物質の多様な元素が集まってくる。小さな胎児のなかに形成されつつある更に小さな甲状腺にヨウ素131が集中する、

★100ベクレル(セシウム137)の放射性物質が体内に入ったら1秒間に100回の放射線が体内から放出される。1分で6千回。1時間で36万回。1日で864万回。100日で8億6400万回も体内から放出される。(生体半減期は無視)

★環境の中では広く薄く分布していた放射性物質が生物体内では特定部位に集まってくるので濃縮されることになる。これは、生物が自然界の物質を材料にして自分の身体を作り上げるという根源的な能力によって生じる働きである。だから、とどめることはできない。

★飯館村 これは公式に発表された村の放射線量です。3月15日の午前6時20分のところを見て下さい。44.7μSv/hと書いてあります。ジャーナリストから知らせてもらった数値は100μSv以上です。なんという違いでしょう。公の発表は正しい数値ではないのです。嘘の報道をしているのです。

★CERRIE報告書 ギリシャにおける被曝線量は200μSvであったが小児白血病の増加は160%であった。

★長崎の原子爆弾から1.8kmの診療所で食事指導に玄米食やみそ汁を進めて、90人ぐらいの人がその場所で生活をして放射線障害を発症しなかった。『死の同心円一長崎被曝医師の記録』秋月辰一郎

★ナノ粒子の定義は0.1μ以下です。その塵の平均直径は10分の1μで眼に見えません。これはまた家庭内のほこりのサイズです(0.001~100μ)。原発からの放射能がこのほこりに吸着し、ひとが吸い込みます。これがどんなに小さいのか、バクテリアやウイルス(0.01μ)、赤血球(7μ)。

★CERRIE報告書 ドイツでは100μSvであり(小児白血病の)48%の増加が認められた。ウェールズとスコットランドでは被曝線量は80μSvであったがその増加は200%以上であった。

★山内知也 神戸大学 365日休みなく放射線被ばくを受けつづける場合については、原爆や医療被ばくのような一回の外部被ばくとは異なる健康影響が表れているという事実に国際的な機関が目をつぶっている可能性があります。

★医学博士ヴィンフリード・アイゼンベルク 該当する地域での子どもたちの白血病もおそらく、早くも2016年からは、はっきりとより頻繁に現れてくるであろうと懸念される。白血病(血液のガン)は、他のガン種に比べてイオン化された放射線と強い相関関係がある。

★医学博士 ヴィンフリード・アイゼンベルク 勿論放射線被曝にあっては年齢と共に、潜伏期は増すものではあるが 、現在比較的年長の子どもたち、若者、成人においても、より頻繁に甲状腺ガンという診断がくだされるであろう。

★高汚染地域の女性と子供は逃げてほしい。0.08μSv/h(セシウムのみのシンチレーションカウンター。BGが0.03)で健康被害が出るというのは本当だと思います。危険な核種は簡易計測できないのですから。

★Killing Our Own 1981年、ジョンホプキンス大の継続調査を監督していたジュヌヴィエーヴ・マトノウスキー博士は、放射線医師は複数の骨髄腫にかかるリスクも高く、発作と心臓病の見込みも高いことを示す別の証拠があると書いた。

★Delayed biomedical effects of the bombs  放射線被ばくが増加するについれ、胎児の脳細胞がより破壊され、その頭の大きさが減少し、さらに頭のサイズがある程度まで小さくなったとき、重い知能発育不全の頻度が増加したということであった。 

★核実験場の死の灰が降る西部で暮らしていたマーロ・ストーンズ① 「私は一人息子をガンで失った。1968年だったが息子の足に腫瘍がみつかった。どれだけ多くの人間がこの世に居ても、私にとっては彼以上の存在を考えられないのだ。」 

★マーロ・ストーンズ② 15歳の若者に”脚を切断しなければならない”というのは辛いことだ。しかし その脚は切断されてしまった。ある晩、彼を風呂に入れてやったが、立ち上がった時に、残りの脚が折れてしまった。別の腫瘍ができていたのだ。彼は死んでしまった。もう帰ってこない」

★チェルノブイリからの距離(約) キエフ109 ゴメリ170 ミンスク328 ブレスト500 |福島原発からの距離 福島市62 仙台95 山形市111 水戸市128 宇都宮市133 新潟市184 前橋市210 東京都心225 (単位キロメートル)

★広島大学 放射線を浴びたときの身体障害 ■ すぐに現れる障害(急性障害)48時間以内 全身脱力、吐き気、嘔吐 約3週~2ヶ月 脱毛、口内炎 造血障害 → 感染症・出血傾向 消化管障害 → 嘔吐・下痢 中枢神経障害 → けいれん

★不溶性ウランの許容1日摂取制限は0.005mg/kg。体重が70kgの場合には1日の許容摂取制限は0.35mgとなる。ウランの摂取制限が放射線被ばくによる影響よりもウランの重金属としての毒性(主に腎臓への毒性)によって定められていることによる。腎臓へのウランの強い毒性なのである

★ベラルーシの医師スモルニコワ・バレンチナさんの講演から。体内のセシウム137の危険なレベルはどれくらいからか?子どもではセシウム137が20~30ベクレル/kg(体重1kgあたり)から医学的な対策が必要。積極的に保養に行くべき。http://twitpic.com/8hape5

★スティーブン・スター 最悪のごまかしがずっと継続して行われている。ICRPは不正操作されており、放射線がどのように体内で作用するか、生きている組織の「中」に入り込んだとき生体細胞、特に人類のそれのような複雑な生命体に対して、現在の生物学で把握されていることを反映していない。

★川の中の生態系にも影響を及ぼします。川の水が含む放射性物質の濃度を1とすると、プランクトン内に2,000倍、プランクトンを食べる魚に15,000倍、その魚を食べるアヒルに40,000倍。アヒルが産む卵の卵黄に、1,000,000倍の、死の灰の濃縮が見られた

★小児がん科医のアネット・リドルフィ 現在小児医学では、多くの脳や神経系の病気が(放射線による)染色体異常によって起こることも分かってきている。

★「玄米と味噌は豊富であった。さらに、わかめもたくさん保存していたのである。その時私と一緒に、患者の救助、付近の人々の治療に当たった従業員に、いわゆる原爆症が出なかった原因の一つは、「わかめの味噌汁と玄米」であったと、私は確信している。」秋月建辰一郎『体質と食物』





【子どもたちの声】
★中学生の女の子「お聞きして いいですか。廃棄物を五〇年、三百年監視するといいましたが、今の大人がするんですか? そうじゃないでしょう。次の私たちの世代、また、その次の世代がするんじゃないんですか。だけど、私たちはいやだ」と叫ぶように言いました。この子に返事の出来る大人はいますか

★タチヤーナ・アクレービッチ(女16歳)昼も夜もあなたの子どもたちである私たちを見守り、真理の道へと導き、誘惑から遠ざけ、生きる力と知恵を与え、そしてあなたの御名が照り輝きますように。わたしたちをお救いください。神様。

★タチヤーナ・アクレービッチ(女16歳)神様。もう私には悲しみでふさぎこんでいる先生や、座ってくれる生徒を待っている9年A組の空いた席を見る気力がありません。アンドレイカ君を助けてください、全能の神様。だって、彼は妹が大好きで、いつも二部授業が終わると妹を迎えに行っていたんですよ。

★タチヤーナ・アクレービッチ(女16歳)敬愛する全能の神様、5月1日、私と母はきれいな小旗を持ってメーデーの行進に参加しました。空からは目に見えない放射能が私たちに降り注いでいたのですよ。

★タチヤーナ・アクレービッチ(女16歳)神様、何で言ってくれなかったのですか?太陽も、空も、空気もすべてすでにチェルノブイリの灰で毒されていたことを。

★マリア・ゴルフビッチ(女13歳)家族みんなつらかった。私と母はミーシャをがっかりさせないように、こっそり泣いた。こうやってチェルノブイリはわが家に侵入し、壁にかかる遺影として永久に住み着いてしまった。

★マリア・ゴルフビッチ(女13歳)兄は死ぬ前に、もう歩けなかった。兄は私にこう頼んだ。「僕のそばに座って、マーシェンカ、美男子になるように髪をすいてくれないか」と。私は黙ってうなずいた。兄は暗い、生気のない目でただ私を見つめるだけだった。そして、私は一人祈りつづけた。

★マリア・ゴルフビッチ(女13歳)チェルノブイリが私の小さな村を荒らしたとき、私はたったの5歳だった。不幸は私の家も避けはしなかった。兄のミーシャは、今もなお無慈悲に人々をなぎたおし続けている恐ろしい病気ガンで死んだ。医者は放射能のせいだと言った。

★君の心からの願望は。 多くの子どもたちの答えは次のとうりである。「お母さんが絶対病気になりませんように」「生きたい」「人々が健康でありますように」ある少年は「早く死にたい」と答えた。こうした言葉は、子どもたちを支援し援助する義務を放棄した大人たちへの告発状である。

★ジアナ・バルイコ(女・15歳)真夜中、夢の中で、恐ろしい叫び声と医者の声がしたが目を覚ますことができなかった。朝になると、ベットがひとつ空になっており、私の中で何かが崩れた。私は何もたずねなかった。即座にすべてがわかった。私は泣かなかったし、叫びもしなかった。

★タチャーナ・クラコフスカヤ(女・17歳)これからの私の人生で、満足や喜びを充分に感じることはできないだろう。それは、幼い頃の楽しい思い出が途切れたあの恐ろしい日に、置いてきてしまったのだから。

★タチャーナ・クラコフスカヤ(女・17歳)緑の豊かな自然が、人々に喜びと幸せをもたらすと教えられてきた。しかし、今では花や枝を手で摘むのもいけないと注意されるようになってしまった。

★エレーナ 「放射能」「チェルノブイリ」「爆発」私はまだ幼かったので、その奇妙な言葉を深く考えることはできなかったし、両親がなぜ「外で遊んではいけません」と言うのかわからなかった。青々とした草や春の大地に放射能のちりが居残ったことを、私はどうして知ることができただろう

★エレーナ・ジクノーバ(女16歳)その日、放射能のちりで固められた不気味で恐ろしい黒雲が、風とともにやってきた。その時から地球は、破滅的な道を歩み始めた。始発駅はチェルノブイリ。行き先は、数千にのぼる町、村、川、湖だった。

★ジアナ・バルイコ(女・15歳)「ガーリャ。ガーロチカ」突然はげしく赤ちゃんが泣き出し、おばさんはゆりかごから赤ちゃんを取り出して、抱いた。私はぞっとした。赤ちゃんの頭は開き、脈をうっているのが見えるのだ。私は外に飛び出し暗闇の庭を走りぬけた。私たちに何がおこっているのだろうか。






【いろんな方々の見解】
★【最重要】「Chernobyl」子供の白内障は汚染レベル 6938Bq/kg以上の地域ではありふれている。「杉並の小学校」芝生のシートから90600Bq/kg 「バレンチナ先生」子供は20Bq/kgの土壌汚染だとまだ安全。子供は50Bq/kgから危険がはじまる。 

★【最重要】台東区の子供を守る会のメンバー宅の近くの土の測定。Cs-137,134の合計【33,557Bq/kg】【2,181,205Bq/㎡】。新宿の土【50,000Bq/kg】【3250000Bq/㎡】近くの値が出た。子供は50Bq/kgから危険がはじまる。

★【重要】医学博士ヴィンフリード・アイゼンベルク 境を接した宮城県、岩手県、山形県、新潟県、群馬県、栃木県、そして茨城県の子どもたちも、福島第一原発からの距離や風向き降雨に応じて、罹病率は減ることはあったとしても、同様に(病気に)襲われるだろう。

★上杉隆 鳩山勉強会で発言した内容。 チェルノブイリの20歳から25歳の人口は、ほとんどゼロ。みんな死んでしまっているからです。生きている人も手術をし、死ぬまで薬を手放せない状況。甲状腺がんなどが出てくるのは5年、10年後。

★矢ケ崎教授 「言い難いが、子どもがそこ(東京)で暮らしていい数値ではない」

★平井憲夫 どこにでもあるチリと埃。原発の中ではこの埃が放射能をあびて放射性物質となって飛んでいます。埃が口や鼻から入ると、それが内部被曝になります。原発の作業では片付けや掃除で一番内部被曝をしますが、この体の中から放射線を浴びる内部被曝の方が外部被曝よりもずっと危険なのです。

★フランスのテレビ番組で、日本在住フランス人が怒りをぶちまけた。「ニュースでは“何の心配もいらない、大丈夫だ”と繰り返している。必要なインフォメーションは何もない。日本人はバラエティー番組を見て笑い転げている場合か?」

★スモルニコワ・バレンチナ先生 これから、私が言うことをどうか怒らないで聞いてください。ウクライナは、原発事故で、汚染が広まらないよう防御をした。農地も居住地も、汚染は広がらないようにした。私の印象では、東日本はウクライナよりも絶望的に見える。

★「福島の人達が虐殺されている時、あなたは何をしていたのですか?」『Twitterで危険性を呼びかけてました』(泣)。これしか方法ないのか。

★福島のお母さん佐藤幸子さん 放射能の影響は確率的だからというけれど、だから避難しないというのはおかしい。母親ならどんな確率でも避けたいと思う。100ミリ安全キャンペーン。山下俊一、神谷ケンジ、タカムラノボルという大学教授。100ミリ安全だから20ミリなんて全然よね~(会場笑い)

★ジャーナリスト 木下黄太ブログより 子どもは違いますよ。十分な情報がなくて、しかも選択肢のない子どもは、親の責任で、何らかの症状が出たときにどう思うでしょうか。(中略)恨むと思いますよ。ものすごく。しかも、その数は半端な数ではない。尋常な数ではない。

★ジャーナリスト 木下黄太ブログより 日本の中の多くの子供たちが、いい加減な親の判断で、呪うことになる。事は、首都圏全域なんですから。

★LLRC 当局(日本政府)は、広範な疾病に影響を与え、予想よりも早く起こり、ICRPの外部被曝モデルには従わない、ICRP予測よりはるかに大きな危険性を示すチェルノブイリの膨大な証拠やその他の曝露シナリオを無視している。

★香港大学の毒物学者のリー・ティン・ラップ 「呼吸により肺や、皮膚、目、口などから吸収されることによって、長期的にはどんな影響が出るか未知数である」

★物理学者 スター もし我々が幸運で、十分な数の人々がその健康と命を犠牲にするならば、たぶん日本は何とか福島第一原発での事態を終息するだろう。もし失敗するならば、放射線の大量放出のまさにその始まりを見る。北日本の広範な地域が数世紀にわたり住むことができない土となる恐れがあろう。

★成澤宗男 何度でも言う。福島の子どもたちを、即刻避難させなければならない。何も「反原発」の論議をしているのではない。本来なら成人ですら居住不可のはずの放射能汚染地帯で、日々被曝を強いられている子どもたちを待ち受ける恐るべき健康被害を想像できないほど、この国の知的頽廃は極まったのか

★政府は人々を分断支配しようとする。商法も民法も相続も、極めて大きな不備が埋め込まれている。そうすると争いが生じて、お上の裁定を仰ぐようになる。その結果は家族の消滅。強い家族が一族や部族になるような事はない。核家族どころか夫婦親子さえも分断するように仕組まれてる。

★自然放射能のレベルよりも低くなるように「安全基準」を定めています、というのが決まり文句である。ここには、ウソはない。しかしすべての原子力施設からは、放射性物質が環境に絶えず放出されているということも事実である。

★α線や中性子線は、直接DNAを切断する場合もある。1本鎖DNAはすぐ修復されるが、一定の確立で修復ミスが起きる。また、2本鎖DNA切断が起きると完全修復が困難で、染色体の部分欠損、逆位、転座等が起きるリスクが高まる。

★電通戦略十訓 1.もっと使わせろ2.捨てさせろ3.無駄使いさせろ4.季節を忘れさせろ5.贈り物をさせろ6.組み合わせで買わせろ7.きっかけを投じろ8.流行遅れにさせろ9.気安く買わせろ10.混乱をつくりだせ!

★311以降変わったもの。1夫との関係(疎開をめぐって対立、夫のモラハラ全開)。2友人との距離感(放射能について語れるリア友ゼロ)。3仕事を退職(信頼できる預け先がない)。4外出と外食の頻度(必要最低限に激減)5料理、食事、買い物の楽しみ(ベクレてるか不安に)。

エブゲーニ・ペトラシェービッチ 残忍なチェルノブイリは、何万人もの人々の命を奪い取去り、何万人の子どもを病院や診療所にたたきこんだ。テレビで親たちが最後の望みをかけて、骨髄移植のために息子や娘を国外につれていく費用を協力してほしいと訴える様子は見るに堪えなかった。

★「首都圏はもう平時に戻っている」と言っているが江戸川区の線量は明らかに高いではないかという追及に(中川恵一)「確かに高めだが安全だ」と根拠なく言い放ちました。「文科省が1ミリシーベルト基準を20mSvに引き上げたのには賛成か反対か」という質問には答えず、打ち切って逃げました。

★中川恵一の講演は「私は原発推進派ではない。お金もらってない」とペテンを弄しながら、実際には「日本はガン大国、放射線被曝でガンになる可能性は埋もれてしまう程度」「たばこを吸いながら放射線が怖いなんて言うのはちゃんちゃらおかしい」というあくどいものです。

★小児科医山田真さんは、水俣病をめぐる経験に踏まえて、低線量被曝の問題点について分かりやすくていねいに。とりわけ御用学者が、因果関係を証明するのに時間がかかることや、隠されていることをいいことに、無責任にデタラメを言い続けていることをきっぱりと断罪しました。

★【福島に暮すということ】たとえば、ふくしまに「とどまれ」と言われると「人の命をなんだと思ってるんだ!」と言いたくなり、「避難しろ」と言われると「そう簡単に言うな!こっちにも事情があるんだ!」と言いたくなってしまうこと。

★子供に危ないと言えば、何歳まで?大人は?必ずそうなります。子供が飲めない水という事になれば工場もSTOPしてしまいます。経済を動かすためには、この島国はどこまでいっても安全です。良い意味でも悪い意味でも、日本人は本当に騒がない。周囲とすぐに同調して大人でも自主的な行動が出来ない

★残留放射能によって死の島と化した。なのにアメリカは安全宣言を出し、島人たちはそこで暮らしつづけたのだ。被爆によって、残留放射能によって、3世代にわたって苦しみ抜いたあげく、1985年、島の人たちは、島を捨てる決心をした。ゆたかなロンゲラップを去って、椰子の木もない無人島へ






【原発・放射能関連】
★核種名:亜鉛72:ガリウム73:砒素77:臭素83:クリプトン85:ルビジウム87:ストロンチウム89:ストロンチウム90:ストロンチウム91:ジルコニウム93:ジルコニウム95:ジルコニウム97:モリブデン99:ルテニウム103:ルテニウム106:ロジウム105:

★プルトニウム239 人類の知っているもっとも強力な毒物です。プルトニウムの微粒子はホットパーティクルと呼ばれ、このホットパーティクルの付着した所は、センチメートル単位の微小な、しかし激しい汚染を受けます。このホットパーティクルを吸い込むと、ほとんどの場合肺ガンを引き起こします。

★プルトニウムは小さなちりと一緒に灰の中に吸い込まれる。肺の中のブルトニウムの一部は血管の中に入り込み血流によって骨髄まで運ばれる。骨髄にたどり着いたプルトニウムは血液を作り出す造血幹細胞を攻撃する。造血幹細胞の遺伝子に突然変異が起こって細胞ががん化し、白血病が引き起こされる。

★不溶性ウランの許容1日摂取制限は0.005mg/kg。体重が70kgの場合には1日の許容摂取制限は0.35mgとなる。ウランの摂取制限が放射線被ばくによる影響よりもウランの重金属としての毒性(主に腎臓への毒性)によって定められていることによる。腎臓へのウランの強い毒性なのである

★MOX燃料(福島)の場合、事故が起ると高温になりアクチニド核種(ウラン、プルトニウム等)はガス化して放出される。ガスとなったものは酸素分子と同じ大きさなので、窒息する程に密閉した建屋でなければブロックできない。放出割合はセシウムより多く、しかも崩壊して他の核種も生まれる。

★セシウムだヨウ素だと騒いでいたのは最も危険な核種の隠蔽です。プルトニウムのガス化…血液に入ったという事です。呼吸量は飲み物食べ物の重さの5倍だとか。

★桜井淳 米国には出力100万キロワットの原発が炉心溶融事故を起こした場合の被害想定データがある。放射性物質が上空1500メートルまで上がったとの想定で被害状況を予測した結果、快晴で風速10メートルの場合、約800キロ先まで放射性物質が拡散する恐れがあるとの結果が出たという。



同じカテゴリー(★いろんな人の見解★)の記事画像
【広瀬隆氏講演会in郡山】福島県の人たちはぜひ見て下さい。
【拡散】 #福島原発 被曝!子供の癌リスク過小評価!(字幕)
法律違反の暫定基準値は見直されるが、日本は野蛮国になった
福島原発事故が開けた「パンドラの箱」元内閣官房参与田坂広志氏
ウクライナでの事故への法的取り組み から抜粋
TPPは第3の開国か?
同じカテゴリー(★いろんな人の見解★)の記事
 【広瀬隆氏講演会in郡山】福島県の人たちはぜひ見て下さい。 (2012-02-06 23:17)
 【拡散】 #福島原発 被曝!子供の癌リスク過小評価!(字幕) (2012-02-02 01:30)
 法律違反の暫定基準値は見直されるが、日本は野蛮国になった (2011-10-28 21:07)
 福島原発事故が開けた「パンドラの箱」元内閣官房参与田坂広志氏 (2011-10-24 07:00)
 ウクライナでの事故への法的取り組み から抜粋 (2011-10-23 00:02)
 TPPは第3の開国か? (2011-10-09 14:22)

2012年02月10日 Posted byあはは星人 at 22:49 │Comments(0)★いろんな人の見解★

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。